« [No.491-2]ナビの通りに | トップページ | [No.492-1]変わっていなかったもの »

ホタル通信 No.185

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.200 ホタルノヒカリ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今でもブログを続けることができている理由のひとつのような
作品です。

理由は話の内容にあるのではなく、テーマにあると言えます。
つまり、小説にするにはあまりにも“くだらない”ことを、堂々と
活字にしてしまうところが、続けていける理由なんです。
ブログのコンセプトを守りつつも、荒っぽく言えば小説を作るき
っかけはなんでも構いません。

実話度はやや低めです。
極端に言えば“ピュゥゥ~♪”以外、全て創作になりますが、
当時の心境を会話形式で表しています。
さて、先にタイトル“ホタルノヒカリ”について触れておきます。
小説の区切り(No.100やNo.200など)では、当ブログに関係
が深い話を発表しており、普段は余り深く考えないタイトルも
結構、頭を悩ませています。
できれば“ホタル”というキーワードを差込みたいので、それ
を中心にタイトルを考えました。ただ、考えたのは小説が完
成した後でした。
だからこそ、こんなタイトルになったわけです。スイッチ、電球
から“ヒカリ”にたどり着くまでに、時間はそう掛かりませんで
した。
従って、歌やドラマのタイトルを引用するかたちでタイトルを付
けたわけではなく、結果的に同じになったものです。

内容は私が良く使う表現である“商業的”であり、ラストには
それなりのオチが付いています。自分でも言うのもおこがま
しいのですが、結構気に入っているオチなんですよ。
それに、タイトルに頭を悩ませたこともあり、タイトル、内容、
そしてオチが珍しく一体化した作品に仕上がりました。T185

web拍手 by FC2

| |

« [No.491-2]ナビの通りに | トップページ | [No.492-1]変わっていなかったもの »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.185:

« [No.491-2]ナビの通りに | トップページ | [No.492-1]変わっていなかったもの »