« [No.485-1]空の彼方へ | トップページ | ホタル通信 No.182 »

[No.485-2]空の彼方へ

No.485-2

「・・・ちょっとぉ?ねぇ、聞いてる?」

(・・・ん?)

「ねぇったら!」

気付けば友人が怪訝そうな顔をしている。

「ご、ごめん!・・・なに?」
「なにじゃないわよ!」

どうやら、友人以上に見上げることに夢中になっていたようだ。

「ごめ~ん!なんだかいい気分になっちゃって」

秋を感じさせるポカポカ陽気が一層そうさせた。
それにある意味、無心になれる瞬間でもあった。

「ありがとうね、誘ってくれて」
「でも、札幌からわざわざ来るとは思ってもみなかったけど?」
「どうせ、今のわたしは“暇人”ですからね!」

理由を知っていたからこそ誘った。

「でも、来年は誘わないからね」
「はいはい・・・わたしも誘われないようにするよ」

憎まれ口もお互い手馴れたものだった。

「来年は誘わないから、勝手に来れば?」
「・・・そうね、そうするわ」
「今度は上から夜景でも見たら?もちろん二人でね」
Attachment1_4
(No.485完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.485-1]空の彼方へ | トップページ | ホタル通信 No.182 »

(020)小説No.476~500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.485-2]空の彼方へ:

« [No.485-1]空の彼方へ | トップページ | ホタル通信 No.182 »