« [No.487-2]夜のひまわり | トップページ | [No.488-1]銀のロケット »

ホタル通信 No.183

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.100 冬のホタル(前編)
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

本題に入る前に・・・。
現在、ホタル通信ではNo.001からNo.200の小説を紹介してい
ますが、せいじゅうろうシリーズを除き、いよいよ、No.100、No.
101、No.200の3話を残すのみとなりました。
3話共に区切りとして、当ブログに関係が深い話を発表してい
ます

No.100とNo.101に分かれてはいますが、ひとつの話です。
100話目にして、当ブログのタイトルと同じ小説を発表したのは
当時はこの先、そんなに続けるつもりがなかったからです。
さて、小説を書き始めた頃、No.007No.015にてある手法を用
いています。その手法とはひとつの話をふたりの視点で描くも
のです。No.007は男性、No.015は女性の視点です。
No.100とNo.101も同じ手法なのですが、両方とも前半が男性
視点、後半が女性視点で描いています。
全てにおいて未熟なくせに、そんな高等テクニックを用いてい
るせいか、随所にその歪が出ています

来週はNo.101を紹介しますが、この小説は当ブログのタイトル
が「冬のホタル」に決まる過程を描いたものです。一部演出は
あるものの、実話度が示す通り、ほぼ100%実話です。
ただ、男女両方の視点で書いていますので、どちらかは想像
して書いていることにはなり、正確には100%とは言えません。
でも、想像とは言え全くの空想ではなく、ある程度会話の中か
ら見えたものを活字にしています。

奈央(なお)と小説上の僕は、ブログを始める前に知り合って
おり、奈央の存在がブログを始めるきっかけになったのは言う
までもありません。
ただ、始めたを理由をもう少し突き詰めると、悪く言えばよこし
まな考えがあったからなんです。小説ではそこには触れてい
ませんが、現実はもう少し、ドロッとしたものがありました。

来週は前述した通り、No.101を紹介させていただきますが、
語り手は女性である奈央になりますので
T183

web拍手 by FC2

| |

« [No.487-2]夜のひまわり | トップページ | [No.488-1]銀のロケット »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.183:

« [No.487-2]夜のひまわり | トップページ | [No.488-1]銀のロケット »