« [No.485-2]空の彼方へ | トップページ | [No.486-1]運動会と伝統 »

ホタル通信 No.182

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.115 季節の足音
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

時期を選んだ訳ではないのですが、丁度、今の季節と重なる
話です

この話の舞台としては、一応公園を想定していますが、特に
拘りはありません。それもあり、小説中には場所がどこである
かを書いていません。読み進めていただき、何となく皆さんが
感じた“場所”が舞台で結構です。
ただ、きっかけは公園ではなく、自転車置き場でした。小説の
冒頭の通り、前日風が強かったせいで、落ち葉が至る所に散
らばっていました。そんなワンシーンから小説が誕生しました。

とは言うものの、冒頭以外はほぼ創作です。
ありそうでなさそうな・・・いかにも“作った”感がある仕上がり
です。ドラマとかにもで出てきそうなワンシーンのような気もし
ます
さて、冬のホタルでは季節をテーマにした作品も多くあります。
更にその季節の真っ最中ではなく、季節の変わり目がテーマ
になることが多いと自己分析しています。
この作品は秋から冬の移り変わりをテーマにしており、単に落
ち葉ではなく“落ち葉を踏む音”でその移り変わりを感じるとい
う話の流れです。

季節の移り変わりを視覚や聴覚、はたまた味覚など、五感を
フル活用して感じています。
ただ、小説上、視覚や気温の変化を感じる触覚は表現として
は少しストレート過ぎるので、あえて季節を音で感じさせるよう
な仕上がりにしています

四季は変わらず訪れるけど、その時々に想っていることはいつ
も違います。だから、細々とではありますが、こうして書き続け
られるのかもしれません。
T182_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.485-2]空の彼方へ | トップページ | [No.486-1]運動会と伝統 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.182:

« [No.485-2]空の彼方へ | トップページ | [No.486-1]運動会と伝統 »