« [No.483-2]続・行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.484-1]みがわり »

ホタル通信 No.181

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.107 四葉のクローバー
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この話はふたつの出来事をひとつにまとめたようになってい
ます。冬のホタルでは時々、このような手法を使います。

まずひとつめです
四葉のクローバーのしおり、手作りしたようになっていますが
事実は“四葉のクローバーが描かれたしおり”でした。簡単に
いえば、四葉のクローバーは単なるイラストに過ぎません。
ただ、これだと話を膨らませ難いので、あえて手作りとするこ
とで、作った人とからませることができると考えました。

ふたつめです
何かに頼りたい気持ち、大袈裟に言えば“神様仏様”であり
やや意味は違いますが、験(げん)を担ぎたかったからと言い
ますか・・・早い話、お守り的な存在が欲しかったのです。
当時の気持ちを正確には覚えていませんが、恐らく、何らか
の不安感があったように記憶しています。
冬のホタルって、自分を含めて結構、暗い話が多くあります。
でも、それを包み隠さず書くのも当ブログの特徴です。

・・・で、このふたつから誕生したのがこの話です
四葉のクローバーをお守り的な存在として、話を展開させて
います。実話度が低いのは内容そのものは全て創作だから
です。
ところで話は変わりますが、後半に書いてある四葉のクロー
バーの生まれ方は事実らしいです。小説を書くにあたって、
四葉のクローバーのことをネットで調べていたら、そんなこと
が書いてありました。
それがとても印象的であったため、私の“想い”とは裏腹に
登場人物たちは自分たちで何か答えを見つけたようです。T181

web拍手 by FC2

| |

« [No.483-2]続・行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.484-1]みがわり »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.181:

« [No.483-2]続・行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.484-1]みがわり »