« [No.482-1]次の恋 | トップページ | [No.483-1]続・行く手をさえぎる者 »

[No.482-2]次の恋

No.482-2

「・・・本当に?」
「あぁ、あえて言うなら、今の君を見たかっただけ」

卒業後、地元の友人を通じて彼女のウワサを耳にした。
年上の男性と付き合い始めたとか・・・。

「気になる?」
「・・・少しは・・・な」

年上が好きだったのは、前から知っていた。

「あなたも少しは変わったようね」

少し、馬鹿にされているような気もした。
けど、そうなのかもしれない。
女性は精神的にもどんどん先に進んで行ってしまうからだ。

「・・・付き合ってはいないよ」
「片想いなだけ」

付き合っていると言われた方が良かった。
片想い・・・明確に誰かに好意を寄せていることになる。
ある意味、実にリアルに聞こえる。

「あなたは?」
「えっ・・・」
「・・・好きな人、できた?」

正直、まだ次の恋に進めずにいる。

「い、いや・・・まだ、君・・・」
「今くらいの強引さがあるなら、捕まえられるよ・・・次の恋を」
「君もその候補に入れていい?」
「・・・好きにしたら」
S482
(No.482完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.482-1]次の恋 | トップページ | [No.483-1]続・行く手をさえぎる者 »

(020)小説No.476~500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.482-2]次の恋:

« [No.482-1]次の恋 | トップページ | [No.483-1]続・行く手をさえぎる者 »