« [No.480-2]望遠鏡 | トップページ | [No.481-2]電話の向こうで »

[No.481-1]電話の向こうで

No.481-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(参ったな・・・)

電話を掛けなければならない相手がいる。
けど、ちょっと苦手な相手だった。

(しないわけにはいかないし・・・)

今の時代、メールで済ませることも可能だ。

(仕方ないかぁ・・・)

メールでは伝わらない複雑な案件だったからだ。
いつも通り、受話器から聞こえる呼び出し音が緊張感を高める。

「・・・はい」

(うっ!・・・相変わらず無愛想だな)

心には思っても、決して口にしてはならない。

「・・・」
「あの、ですね・・・」

言葉使いが悪いとか暴言を吐くとか、そんなことは一切ない。
とにかく、不愛想極まりない。
電話だから、余計にそれを感じる。

「・・・はい・・・ええ・・・」

一応、相づちは打ってくれる。

「・・・ということで、よろしくお願いします」

何とか用件を言い終えた。

(ふぅ~・・・)

これで、ようやく電話を切ることができる。

「それでは、失・・・」
「この前、来てたでしょ?」
「えっ!?」

思わぬ問い掛けに、言葉を失った。

(No.481-2へ続く)

|

« [No.480-2]望遠鏡 | トップページ | [No.481-2]電話の向こうで »

(020)小説No.476~500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.481-1]電話の向こうで:

« [No.480-2]望遠鏡 | トップページ | [No.481-2]電話の向こうで »