« [No.480-1]望遠鏡 | トップページ | [No.481-1]電話の向こうで »

[No.480-2]望遠鏡

No.480-2

「え・・・ええっっ!?」

思わず声が出た。

「やろ!」

待ってました、と言わんばかりの奈央(なお)の反応だった。

「こんなに見えるの!?」

雑誌の付録とあなどるなかれ・・・の性能だった。
月のクレーターが小さいながら確認できる。

「うちも、ビックリしてん」
「だから、呼んだの?」

呼び出された理由がようやくわかった。

(・・・こういうことだったんだ)

それから、ふたりで代わる代わる月を見た。

「はよ、代わって!」
「もう少しいいだろ?」

望遠鏡の奪い合いが始まった。
・・・というより、じゃれあっているのに近い。

「じゃ、半分づつ」
「それは無理だろ?」
「いいから、こっち来てん!」

頬と頬がくっ付く。
もう、月どころではなくなった。
S480
(No.480完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.480-1]望遠鏡 | トップページ | [No.481-1]電話の向こうで »

(020)小説No.476~500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.480-2]望遠鏡:

« [No.480-1]望遠鏡 | トップページ | [No.481-1]電話の向こうで »