« ホタル通信 No.178 | トップページ | [No.478-2]背を向けるわけ »

[No.478-1]背を向けるわけ

No.478-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「本当にそんな日が来ちゃったね」

改札を抜ければ、もう二度と彼と逢うことはないだろう。

「ねぇ、覚えてる?」
「もちろんだよ」

あの日の会話が今、目の前で繰り広げられようとしている。

「・・・そりゃ、後ろ向きなら歩きにくいだろ?」
「全然、色気のない答えね!」

別れのシーンの表現には、よく“背中”が出てくる。
背を向ける、背中を見送る・・・。
さっき見た映画にもそんなシーンがあった。

「せめて『泣き顔を見せたくないから』って思わない?」

泣き顔を見せたくないから背を向ける。

「それに・・・これから前を向いて歩くために背を向けるの!」
「それなら、俺の答えと同じだろ?」
「違うわよ!あなたのは・・・」

彼が言う“前”は、単なる方向だ。
私が言う“前”は、前向きな心のことを言っている。

「まぁいいわ、そうならないようにしなくちゃね!私たちは」

(No.478-2へ続く)

| |

« ホタル通信 No.178 | トップページ | [No.478-2]背を向けるわけ »

(020)小説No.476~500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.478-1]背を向けるわけ:

« ホタル通信 No.178 | トップページ | [No.478-2]背を向けるわけ »