« [No.481-2]電話の向こうで | トップページ | [No.482-1]次の恋 »

ホタル通信 No.180

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.125 気の早いタンポポ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

これから秋をへて冬に向かおうとしている時期にあって、少
し時期外れなホタル通信になります・・・と言っても小説もこ
んなパターンの話でしょうか?

街角に置いてある無料の情報雑誌。特集こそ組まれてはい
ませんでしたが、でかでかと写真が掲載されていたのは事
実です
加えて言うなら小説ではそれが放置されたまま時期外れに
なっている設定ですが、実際はそうではありませんでした。
ちゃんと4月に4月号みたいな感じになっていました。

蒲公英の写真をヒントに、それを読めない漢字に展開させて
います・・・とは言うものの、いつもの通り、ラストは考えずに
話を進めて行きました。ただ、後半を書き進めるうちに、自然
にラストの展開を思い付いた記憶があります。
季節外れ、季節の先取り・・・など、今現在とのギャップのよう
な言葉を並べ立てて、少し混乱をあおっています。
そんな時に、足元にタンポポが・・・なんてオチです。私が良く
使う表現で言えば、商業的な小説ではありますが

心情を描くことが多い冬のホタルも時より、そこに特別な想い
を乗せていない小説を発表することがあります。
この小説もそのたぐいなのですが、ほんの少しだけある想い
を含ませています。それは皆さんで感じとって頂ければ。

タンポポに出会うのは、まだ随分先のことですよね。ようやく
夏が終わろうとしている段階ですから・・・と、書きながら春を
待ちきれない気の早い自分が居たりして
T180

web拍手 by FC2

| |

« [No.481-2]電話の向こうで | トップページ | [No.482-1]次の恋 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.180:

« [No.481-2]電話の向こうで | トップページ | [No.482-1]次の恋 »