« [No.479-2]次の返事は | トップページ | [No.480-1]望遠鏡 »

ホタル通信 No.179

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.104 秋に想う
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

風景を心情に置き換える、逆に心情を風景に置き換える手法
を時々使っています。

この作品は後者の心情を風景に置き換えたもので、当時の心
情を綴っています。残念ながら、当時の心境をハッキリとは覚
えていませんが、それでも読み直してみて感ずるところはあり
ます

さて、ストーリーは分かったような分からないような、で・・・やっ
ぱり、分からない展開をして行きます。
恥ずかしながら自分でも意味がよく分からない部分もあります
が、そこは大目に見て頂ければ幸いです
心情を風景に置き換えたのは事実ですが、きっかけは、やはり
その風景を目の当たりにしたからです。
夏の記憶として、入道雲は天高く昇っているような感覚を持って
いました。だから、それを受け入れるために空は高いんだと・・・。
一方、目の前に広がるうろこ雲は果てしなく広がる感じから空が
低く感じていました。

小説では女性同士の会話になっていますが、当時の心境の中
に出てくるのは男女です。
一言で言えば、男性が女性に「生きる」ということを伝えたい、そ
んな心境が当時あり、それを風景に置き換えています。
このホタル通信を読んでも、なんかハッキリしないどころか、何
を作者は言いたいのかよく分からないと思います。

生きることを諦めかけた人がいた。そして、そこにかかわってしま
った人もいた。そのかかわってしまった人の心境がこの作品なん
です
T179

web拍手 by FC2

| |

« [No.479-2]次の返事は | トップページ | [No.480-1]望遠鏡 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.179:

« [No.479-2]次の返事は | トップページ | [No.480-1]望遠鏡 »