« [No.477-2]罵声 | トップページ | [No.478-1]背を向けるわけ »

ホタル通信 No.178

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.132 いつもの歯ブラシ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

実話度はそこそこ高めですが、ちょっと飾りすぎた感が否め
ない作品です。

歯ブラシを取り替え忘れるくだりは事実です。加えて、それを
ゴミ箱に投げ込んだ時のへんな気持ちも事実です。
前述した「飾りすぎた感」はたったこれだけの事実を、恋愛に
結び付けたことを指しています
でも、それぞれを強引に結び付けたのではなく、自然な流れ
として結び付いたものです。

特に愛着もなく、極端に言えば単なるゴミに、妙に執着と言う
か、それこそへんな気持ちを抱くことがあります。
急に捨てるのが惜しくなったり、捨てられなくなってしまったり。
そんな時って物を扱っているのではなく、そこに宿る何かを感
じとっているのかもしれません。

さて、後半に歯ブラシを捨てた途端にケータイの着信が鳴った
シーンがありますが、これは単なる偶然として描いています。
確かに出来過ぎ感は否めませんが、これくらいならギリセーフ
と言ったところでしょうか・・・
ラストシーンから考えると純那(じゅんな)は、彼とよりを戻そう
と考えたように見えますし、実際、そんな期待感を持たせた終
わり方にしています。

・・・ですが、少しイジワルな想像を働かせて見てください
古い歯ブラシを元の場所に戻すと、どうなりますか?その隣に
は新しい歯ブラシが置いてあります。
「案外、悪くない」のは、ふたつならんだ歯ブラシのことであって
二股を意味しているのかもしれませんネ。

web拍手 by FC2

| |

« [No.477-2]罵声 | トップページ | [No.478-1]背を向けるわけ »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.178:

« [No.477-2]罵声 | トップページ | [No.478-1]背を向けるわけ »