« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

[No.483-2]続・行く手をさえぎる者

No.483-2

「それより、なに・・・ウンチって!?」
「シィィー!声が大きいよ・・・」

今朝の出来事を話した。

「つくづく、ハトに縁がある人ね」
「言っとくけど、私から近付いているわけじゃないからね!」
「まぁ、とにかく、良かったじゃない」
「落とされずに済んで」

確かにさっきは、早とちりとは言え驚いた。
本当に肩の上に落ちていたとしたら・・・。

「その時は取ってくれる?今日みたいに」
「じょ、冗談言わないでよ!?」

けど、落とされるのは時間の問題のように思える。
実際今日も、強行突破した瞬間・・・

「ボトッ・・・って、鈍い音が聞こえてきた」
「リアルぅ!」

次の日も前日と同じ光景だった。
ただ、よく見ると、人ひとり分が通れるだけの隙間がある。
それに昨日ほど、ビッシリとは並んでいない。

「気を使ってるつもり?」

有り得ないことだが、そう見えなくもない。

(・・・そういうことに、しといてあげる)

そう考えると、何だか彼らがかわいく見えてきた。
S483
(No.483完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.483-1]続・行く手をさえぎる者

No.483-1 No.345 行く手をさえぎる者

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(今度は上か・・・)

最近、地面に群れていた奴らが電線に止まるようになった。

「さながら、嫌がらせだよね」

向うに行くには、目の前の小さな橋を超える必要がある。
もちろん、他にも橋がないわけじゃない。
ただ、他の橋使うと、かなり遠回りになってしまう。

「頼むから落とさないでよね!」

橋の上には電線が数本、走っている。
その電線に、ハトが一列に並んでいる。
それも、隙間無く、ビッシリと・・・。

「えぇぃ!強行突破よ!」

「ちょっと・・・肩・・・」

会社に着くなり、同僚が私の肩を指差す。

「ん?・・・えっ、まさか!?」

すぐにピンときた。

「うそ!やだぁ!ハトのウンチついてるの!?」
「ウンチ!?」
「・・・ただの枯葉よ!?」

同僚が手に取ってみせてくれた。
日中はともかく、朝夕は少し肌寒い。
カーディガンを羽織ってきたせいで、それに絡んだみたいだった。

(No.483-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.482-2]次の恋

No.482-2

「・・・本当に?」
「あぁ、あえて言うなら、今の君を見たかっただけ」

卒業後、地元の友人を通じて彼女のウワサを耳にした。
年上の男性と付き合い始めたとか・・・。

「気になる?」
「・・・少しは・・・な」

年上が好きだったのは、前から知っていた。

「あなたも少しは変わったようね」

少し、馬鹿にされているような気もした。
けど、そうなのかもしれない。
女性は精神的にもどんどん先に進んで行ってしまうからだ。

「・・・付き合ってはいないよ」
「片想いなだけ」

付き合っていると言われた方が良かった。
片想い・・・明確に誰かに好意を寄せていることになる。
ある意味、実にリアルに聞こえる。

「あなたは?」
「えっ・・・」
「・・・好きな人、できた?」

正直、まだ次の恋に進めずにいる。

「い、いや・・・まだ、君・・・」
「今くらいの強引さがあるなら、捕まえられるよ・・・次の恋を」
「君もその候補に入れていい?」
「・・・好きにしたら」
S482
(No.482完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.482-1]次の恋

No.482-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
高校を卒業してから初めての夏休みだ。

「・・・じゃなくて、夏季休暇だな」

もう、学生じゃない。
とはいえ、まだ社会人にもなりきれていない。

(あいつ、来るだろうか・・・)

夏季休暇を利用して地元へ戻ってきた。
それにあわせて、卒業を目前に別れた彼女を呼び出した。
約束は・・・明日だ。

「・・・感じが変わったよな?」
「そうかな?」

見た目はそんなに変わっていない。
でも、何かが違う気がする。

「来ないかと思ったよ」
「あれだけ書いてたら、来ないわけにはいかないでしょ?」

電話するのは気が引けた。
正直に言えば、直接話す勇気がなかった。

「アドレス、変えてなかったんだ?」
「面倒でしょ、いろいろな意味で」

そのメールアドレスには僕の名前も含まれていた。

「・・・だよな」
「で、用件はなに?メールには書いてなかったけど」

あえて書かなかった僕、それに聞いてこなかった彼女。

「別に・・・目的はなにもない」

(No.482-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.180

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.125 気の早いタンポポ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

これから秋をへて冬に向かおうとしている時期にあって、少
し時期外れなホタル通信になります・・・と言っても小説もこ
んなパターンの話でしょうか?

街角に置いてある無料の情報雑誌。特集こそ組まれてはい
ませんでしたが、でかでかと写真が掲載されていたのは事
実です
加えて言うなら小説ではそれが放置されたまま時期外れに
なっている設定ですが、実際はそうではありませんでした。
ちゃんと4月に4月号みたいな感じになっていました。

蒲公英の写真をヒントに、それを読めない漢字に展開させて
います・・・とは言うものの、いつもの通り、ラストは考えずに
話を進めて行きました。ただ、後半を書き進めるうちに、自然
にラストの展開を思い付いた記憶があります。
季節外れ、季節の先取り・・・など、今現在とのギャップのよう
な言葉を並べ立てて、少し混乱をあおっています。
そんな時に、足元にタンポポが・・・なんてオチです。私が良く
使う表現で言えば、商業的な小説ではありますが

心情を描くことが多い冬のホタルも時より、そこに特別な想い
を乗せていない小説を発表することがあります。
この小説もそのたぐいなのですが、ほんの少しだけある想い
を含ませています。それは皆さんで感じとって頂ければ。

タンポポに出会うのは、まだ随分先のことですよね。ようやく
夏が終わろうとしている段階ですから・・・と、書きながら春を
待ちきれない気の早い自分が居たりして
T180

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.481-2]電話の向こうで

No.481-2

「1ヵ月くらい前、事務所に来たでしょ?」
「・・・あっ!そうですね」

すっかり忘れていた。
確かに彼女が働く事務所に立ち寄ったことがあった。
そこで初めて彼女を見た。
ただ、彼女に用があったわけじゃない。

「・・・それだけよ」
「他に用件がなければ切りますが?」
「す、すみません・・」

なぜか謝ってしまった。

(なんで俺が謝るわけ??)

話を続けようとしたのは彼女の方だ。

「この前はご挨拶せず、すみません」

(なに言ってるんだ、俺?)

「別にいいわよ、みんなそんな感じだから」

幸い俺だけに不愛想なわけじゃない。
誰に対してもそうだ・・・たとえそれが偉い人であってもだ。

「いや、そんなつもりじゃ・・・」

初めて彼女を見た時、想像していたそれと違った。
もちろん、良い意味でだ。

「・・・で、もう切ってもいいですか?」
「あっ、長々とすみません」

また、謝ってしまった。

「プッ・・・」

今、彼女が笑ったように聞こえた。

相変わらず彼女の不愛想は変わらない。 
それは僕に対しても同じだ。
ただ、あの日以来、何かが違う気がしている。
電話の向こうは見えないけれど。
S481
(No.481完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.481-1]電話の向こうで

No.481-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(参ったな・・・)

電話を掛けなければならない相手がいる。
けど、ちょっと苦手な相手だった。

(しないわけにはいかないし・・・)

今の時代、メールで済ませることも可能だ。

(仕方ないかぁ・・・)

メールでは伝わらない複雑な案件だったからだ。
いつも通り、受話器から聞こえる呼び出し音が緊張感を高める。

「・・・はい」

(うっ!・・・相変わらず無愛想だな)

心には思っても、決して口にしてはならない。

「・・・」
「あの、ですね・・・」

言葉使いが悪いとか暴言を吐くとか、そんなことは一切ない。
とにかく、不愛想極まりない。
電話だから、余計にそれを感じる。

「・・・はい・・・ええ・・・」

一応、相づちは打ってくれる。

「・・・ということで、よろしくお願いします」

何とか用件を言い終えた。

(ふぅ~・・・)

これで、ようやく電話を切ることができる。

「それでは、失・・・」
「この前、来てたでしょ?」
「えっ!?」

思わぬ問い掛けに、言葉を失った。

(No.481-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.480-2]望遠鏡

No.480-2

「え・・・ええっっ!?」

思わず声が出た。

「やろ!」

待ってました、と言わんばかりの奈央(なお)の反応だった。

「こんなに見えるの!?」

雑誌の付録とあなどるなかれ・・・の性能だった。
月のクレーターが小さいながら確認できる。

「うちも、ビックリしてん」
「だから、呼んだの?」

呼び出された理由がようやくわかった。

(・・・こういうことだったんだ)

それから、ふたりで代わる代わる月を見た。

「はよ、代わって!」
「もう少しいいだろ?」

望遠鏡の奪い合いが始まった。
・・・というより、じゃれあっているのに近い。

「じゃ、半分づつ」
「それは無理だろ?」
「いいから、こっち来てん!」

頬と頬がくっ付く。
もう、月どころではなくなった。
S480
(No.480完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.480-1]望遠鏡

No.480-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
夜、奈央(なお)に呼び出された。
特に用事もなかったから、それに応えることにした。

「なにかあった?」

家に着くなり、一応、尋ねた。
呼び出した理由をまだ聞いていなかったからだ。

「今夜は星が綺麗やろ?」
「・・・そ、そっかぁ?」

僕にはいつもとの違いが分からない。
そもそも意識的に夜空を見上げたことがないからだ。

「せ・や・か・ら、これ!」

僕になにかを差し出した。

「これ!って・・・望遠鏡?」

見るからにおもちゃ感満載だが、ひと目でそれと分かった。

「せやで」
「買ったの?」
「うん、雑誌の付録なんやけど」
「・・・だよな」

最近流行の付録メインの雑誌とみてとれる。

「せやけど、月も見れるんやで」
「月ぐらいなら、肉眼でも見えるだろ?」
「ほんなら、見てみぃ」

軽く使い方の指南を受けてから、望遠鏡を月に向けた。

(No.480-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.179

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.104 秋に想う
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

風景を心情に置き換える、逆に心情を風景に置き換える手法
を時々使っています。

この作品は後者の心情を風景に置き換えたもので、当時の心
情を綴っています。残念ながら、当時の心境をハッキリとは覚
えていませんが、それでも読み直してみて感ずるところはあり
ます

さて、ストーリーは分かったような分からないような、で・・・やっ
ぱり、分からない展開をして行きます。
恥ずかしながら自分でも意味がよく分からない部分もあります
が、そこは大目に見て頂ければ幸いです
心情を風景に置き換えたのは事実ですが、きっかけは、やはり
その風景を目の当たりにしたからです。
夏の記憶として、入道雲は天高く昇っているような感覚を持って
いました。だから、それを受け入れるために空は高いんだと・・・。
一方、目の前に広がるうろこ雲は果てしなく広がる感じから空が
低く感じていました。

小説では女性同士の会話になっていますが、当時の心境の中
に出てくるのは男女です。
一言で言えば、男性が女性に「生きる」ということを伝えたい、そ
んな心境が当時あり、それを風景に置き換えています。
このホタル通信を読んでも、なんかハッキリしないどころか、何
を作者は言いたいのかよく分からないと思います。

生きることを諦めかけた人がいた。そして、そこにかかわってしま
った人もいた。そのかかわってしまった人の心境がこの作品なん
です
T179

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.479-2]次の返事は

No.479-2

「ん?まだ、なにか書いてあるぞ・・・」

添えられてカードに続きがあった。

“夏期休暇はゆっくり過ごせましたか?”

タイミング的にはあっている。
だけど、どうなんだろう・・・。
せっかくなら、北海道に居るうちに返事が欲しかったところだ。

(とにかく、届いたことを知らせよう)

とりあえず彼女にメールした。
返信はいつもの通り、期待はしていない。
けど、そんな時に限って、すぐに返事が返ってきた。

『あっ!もう届いたんだ』
『お菓子ありがとう、でもなんで?』

定番商品の地域限定品を見つけては送ってくれる。
単純に珍しいものを見つけたから・・・だけかもしれない。
ただ、そうではないようにも思える。
ちょっと、うぬぼれた考えだが。

「・・・だよな」

ひとりで納得した。
返事が来たからではない。
逆で、来なかったことへの納得だ。
いつものごとく、肝心なところでメールが続かない。

「次の限定品に期待するか!」

秋になればきっと彼女から返事が届くだろう。
S479
(No.479完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.479-1]次の返事は

No.479-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
わざわざ北海道からお菓子を送ってくれる人がいる。
お菓子とはいってもいわゆる銘菓ではない。

“限定品が出ていたので送りますね”

お菓子に添えられていたカードにはそう書かれていた。

「確か・・・これで二回目だよな?」

以前もこんなことがあった。
今回と同じで、社内便でそれが送られてきた。

『夏季休暇には北海道に戻ってくるのですか?』

以前、同じ職場で働いていた女子社員からメールが届いた。

『そのつもりだよ』

普通、自分が投げた質問に答えてくれたら・・・。
何かしらの反応をするのが一般的だ。
でも、この後、返事が返ってくることはなかった。

「相変わらずだよな」

たかがメールとはいえ、誤解を招きやすい。

「返事はいつになるのやら」

彼女のことは理解しているつもりだ。
同性からもやや毛嫌いされている。
少し、気難しいところがあるからだ。

「まっ、気長に待つとするか・・・」

その返事はメールではなく、違うもので届いた。

(No.479-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.478-2]背を向けるわけ

No.478-2

「だよな・・・じゃ、あした!」

彼も私も背中を見送らない。
向き合ったまま、そのうち彼は人ごみに消えていった。

「そろそろ時間だろ?」
「うん・・・」

いつもなら、なごり惜しそうに向き合ったままで別れていた。
けど、今日は違う。
少なくともどちらかは背中を向ける。

「・・・もう、行けよ」
「うん・・・じゃあ、行くね」

言葉にした途端、何とも言えない気持ちになった。
思わず、彼に背中を向けた。

「行くね」

もう一度、声を掛けて私は改札に向かった。

「元気でな!」

振り向かずとも、彼が背中を見送っているのが分かる。
振り向きたいけど、振り向けない。
今の私の顔を見せたくないからだ。

「うふふ、『これでせいせいしたわ』って顔を・・・ね」
S478
(No.478完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.478-1]背を向けるわけ

No.478-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「本当にそんな日が来ちゃったね」

改札を抜ければ、もう二度と彼と逢うことはないだろう。

「ねぇ、覚えてる?」
「もちろんだよ」

あの日の会話が今、目の前で繰り広げられようとしている。

「・・・そりゃ、後ろ向きなら歩きにくいだろ?」
「全然、色気のない答えね!」

別れのシーンの表現には、よく“背中”が出てくる。
背を向ける、背中を見送る・・・。
さっき見た映画にもそんなシーンがあった。

「せめて『泣き顔を見せたくないから』って思わない?」

泣き顔を見せたくないから背を向ける。

「それに・・・これから前を向いて歩くために背を向けるの!」
「それなら、俺の答えと同じだろ?」
「違うわよ!あなたのは・・・」

彼が言う“前”は、単なる方向だ。
私が言う“前”は、前向きな心のことを言っている。

「まぁいいわ、そうならないようにしなくちゃね!私たちは」

(No.478-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.178

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.132 いつもの歯ブラシ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

実話度はそこそこ高めですが、ちょっと飾りすぎた感が否め
ない作品です。

歯ブラシを取り替え忘れるくだりは事実です。加えて、それを
ゴミ箱に投げ込んだ時のへんな気持ちも事実です。
前述した「飾りすぎた感」はたったこれだけの事実を、恋愛に
結び付けたことを指しています
でも、それぞれを強引に結び付けたのではなく、自然な流れ
として結び付いたものです。

特に愛着もなく、極端に言えば単なるゴミに、妙に執着と言う
か、それこそへんな気持ちを抱くことがあります。
急に捨てるのが惜しくなったり、捨てられなくなってしまったり。
そんな時って物を扱っているのではなく、そこに宿る何かを感
じとっているのかもしれません。

さて、後半に歯ブラシを捨てた途端にケータイの着信が鳴った
シーンがありますが、これは単なる偶然として描いています。
確かに出来過ぎ感は否めませんが、これくらいならギリセーフ
と言ったところでしょうか・・・
ラストシーンから考えると純那(じゅんな)は、彼とよりを戻そう
と考えたように見えますし、実際、そんな期待感を持たせた終
わり方にしています。

・・・ですが、少しイジワルな想像を働かせて見てください
古い歯ブラシを元の場所に戻すと、どうなりますか?その隣に
は新しい歯ブラシが置いてあります。
「案外、悪くない」のは、ふたつならんだ歯ブラシのことであって
二股を意味しているのかもしれませんネ。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.477-2]罵声

No.477-2

「転倒!・・・はないか、1位だったもんね」
「・・・まさか相手が転倒?」

確かにそれなら、さえない返事になるだろう。
相手に勝ちを譲ってもらったとも言えるからだ。

「いいや・・・二人とも転倒せずにゴールしたんだけど」

最終コーナーで相手を抜くことができた。
その時、大歓声の中で、あるセリフが聞こえてきた。

「『なにぃ!!あの男ぉぉ!!!』だって」

まるで静寂の中で聞いているかのように、はっきり聞こえた。

「女子?」
「あぁ、抜いた相手が、野球部のスターでさ・・・」

実力もさることながら・・・。

「・・・加えて、イケメンというわけね」

あのセリフは悲鳴というより、僕には罵声として聞こえた。

「あの時は、ちょっとヘコんだな」

女子全員を敵に回したような気分でもあった。

「そうね・・・私がそこにいても罵声を浴びせていたかも」
「・・・だよな」
「『前を走る男!道を開けなさい!』ってね」
S477
(No.477完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へweb拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.477-1]罵声

No.477-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「確か・・・陸上部だったよね?」
「そうだよ」

高校3年間、短距離の選手として続けることができた。

「そんなに速くはなかったけどね」

他校との力の差は歴然としていた。

「でも、普通の人よりは速かったわけでしょ?」
「そりゃ・・・ね」

だから陸上部に入部した。

「そう言えば・・・」

年に一度、体育祭があった。
その時、クラブ対抗のリレーも行われていた。

「白熱しそうね!」
「陸上部だからね、絶対、負けられない」

実際、創立以来、部として負けたことがないらしい。

「でも、高三のときはヤバかったな」
「なんで?」
「その年に限って、野球部に足の速い連中が揃っちゃって」

アンカーで走る自分の番まで、陸上部は2位に甘んじていた。

「・・・ということは、もしかして逆転でゴール!?」
「なんだけど・・・」
「・・・の割にはさえない返事ね」

リレーは大いに盛り上がった。
ただ、ゴール直前の最終コーナーを曲がった後にそれは起きた。

(No.477-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.476-2]気付かない

No.476-2

「その時、ようやく無くなってることに気付いたの」

その店は角地にあった。
本来なら、大いに気付けるはずだった。
でも、小さい店だっただけに、そんなに違和感は感じなかった。

「もともと、そこに何もなかったように」

すっかり、周囲に溶け込んでいた。

「確かにそうね・・・良いんだか悪いんだか」

その居酒屋には想い入れも何もない。
そもそも入ったことすらない。

「昨日、驚きの声を上げたのは」
「無くなっていたことより・・・」
「気付けなかった自分に対して・・・でしょ?」

数ヵ月も気付けない自分・・・。
それが情けなくもあった。

「気にするようなことじゃないよ」
「でも・・・」
「実はね、私もしばらくしてから気付いたの」
「それに気付くきっかけもあなたと同じ」

聞けば、同じように缶ビールを片手にしたおじさんが居たらしい。

「でも、お互い良かったじゃない」
「私もビールが飲みたい!に繋がらなくて」

もしそうなっていたら、私たちはまだ気付けなかったかもしれない。
S476
(No.476完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »