« [No.475-2]食堂の匂い | トップページ | [No.476-1]気付かない »

ホタル通信 No.177

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.127 振り向けば・・・
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

コメディタッチでテンポ良く話は展開していきますが、その反面
実話度はほぼゼロと言っても良いでしょう。

新年明けに交わされた会話という設定ですが、特に新年明けを
狙ったわけではありません
振り返るや振り向くというキーワードを自然に登場させたかった
ために新年を選びました。冬のホタルは超短編に仕上げるため
に、いわゆる背景をあまり書きません。
特に、時と場所はその代表格であり、会話の中で何となく伝える
ようにしています。従って、唐突に振り返るというキーワードが出
てきても、そんなに違和感を持たせないようにするために、新年
を選んだ次第です。

実話度がほぼゼロでも、当時、振り返りたかったことがあったの
は事実です
生きていれば、そんなことひとつやふたつあることが普通なのか
もしれませんが、その時は普段とは性質が異なる、振り返りたい
ことがありました。

では、ちょっと小説について触れて行きますね。
小説のタイトルは「振り向けば」です。で、前半は「振り返る」であ
り、後半は「振り向く」になっています。
この違い、ホタル通信を書くために読み直して見て気付きました。
小説を書いた当時、あえて振り返ると振り向くを使い分けていたよ
うです。それはなぜか・・・残念ながら、覚えていません。

前を向いて歩こう!小説では偉そうにそんなことを言っています。
でも、今でも振り向いてばかり・・・
だからこそ、今でも冬のホタルを続けられているんじゃないかな。T177

web拍手 by FC2

| |

« [No.475-2]食堂の匂い | トップページ | [No.476-1]気付かない »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.177:

« [No.475-2]食堂の匂い | トップページ | [No.476-1]気付かない »