« ホタル通信 No.171 | トップページ | [No.464-2]ぶたカバン »

[No.464-1]ぶたカバン

No.464-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「なにそれ・・・あだ名?」

もし、それがあだ名だったとしたら結構失礼だ。

「違うよ、私を見たらわかるじゃん」
「昔はどうだかわからないでしょ?」
「そりゃ・・・ね、ってこらぁ!」

納得しながらも、冷静に考えれば笑えない。

「あだ名じゃないなら、なにさ?」

高校生の時だった。
教科書を持ち帰らず学校に残しておく・・・。
私たちの定番の行動だった。

「重いし、面倒だったこともあるけど」

一番の理由は別のところにあった。
逆に教科書を持って帰る人も少なくはない。
そうすると、必然的にカバンが分厚くなる。

「当時、それがみっともなく感じたの」
「それに、真面目な人・・・とも思われたくもなかったし」

真面目な人と言うより、良い子ぶっていると思われたくなかった。

「その分厚いカバンを“ぶたカバン”って呼んでたの」
「それなら、一種のあだ名じゃん!」

そう言われるとそうかもしれない。
間接的にその本人をからかっていることに近い。
それにぶたカバンを持つ人をどこか冷ややかな目で見ていた。
つまり、良い子ぶっていると・・・。

(No.464-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.171 | トップページ | [No.464-2]ぶたカバン »

(019)小説No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.464-1]ぶたカバン:

« ホタル通信 No.171 | トップページ | [No.464-2]ぶたカバン »