« [No.469-2]雨女の真実 | トップページ | [No.470-1]また次の夏も »

ホタル通信 No.174

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.138 心の込めて
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

仕事がら、文章を書く機会が多いため、今までその時々に感
じてきた“想い”を小説にしました。

文字では伝わらないこと、文字だからこそ伝わること。メール
全盛の時代だからこそ、色々考えさせられることがあります。
聞くと聴く、思うと想うなどが話の主軸なのは間違いありませ
んが、それこそ“想い”は別のところにあります。

思うと想う・・・
それぞれの意味を知っている人は、意図的にそれを使い分け
ると思います。
ちょっと話は飛びますが、時より文章の流れからして、どの漢
字を使うのが適切が迷うことがあります。
・・・で、結果的に漢字を使うことをあきらめ、ひらがなでお茶を
濁してしまう。文法的にはキチンとした答えはあるのでしょうが
どうにもしっくりこなくて。実はこれが隠れた話の主軸なんです。

例えば好意を寄せている人には“想っています”なんてことに
なりますよね?
でも、そう書きたいけどそう書けない。だからと言って“思う”と
は書きたくないから、仕方なく“おもう”を選択してしまう。
これらについて小説では一切触れていませんし、ラストも全く
関係がない終わり方をさせています。
二者選択のような話と見せかけて実は三者選択・・・と言った
具合です

皆さんが、“あえて”ひらがなにしたと思われる文字を受け取っ
たならそこから素敵なストーリーが始まるかもしれませんね
T174

web拍手 by FC2

| |

« [No.469-2]雨女の真実 | トップページ | [No.470-1]また次の夏も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.174:

« [No.469-2]雨女の真実 | トップページ | [No.470-1]また次の夏も »