« [No.463-2]蜜の味 | トップページ | [No.464-1]ぶたカバン »

ホタル通信 No.171

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.94 やっかいな恋
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

初期の作品に時々見られたムーディな話です。ムーディとは
言っても、それほど重々しい雰囲気はありません

友達関係だった彼を、異性として好きになってしまう・・・一般
的にもよくある話だと思います。
ただ、事実は友達関係ではなくどちらかと言えば“知り合い”
と言った関係ですが、単なる・・・と言うこもなく、非常に説明
し難い関係でした。
深い関係でありながら、ある一面では非常に希薄な部分が
あったり。その希薄な部分が、いわゆる“好意”だったのかも
しれません。これらを小説上、分かりやすくするために、一般
的な話に摩り替えています。

さて、そんなチョットだけドロッとした話なのですが、それを波
紋を軸に据えた話にしたのは、実際にそんな感覚を覚えたか
らでした
「好意は持っていた」「でも、特別な気持ちはなかった」のは、
小説の通りです。それこそ最初は小さな波紋だっと思います。
それが、いつしか大きくなって・・・。
もしかしたら、自分の気持ちに嘘を付いていたのかも・・・そう
思うこともあります・・・好きになったらいけないと。
小説上では、女の友達のしゃれた一言を含めてハッピーエン
ドで終わっていますが、現実は違います。

現実はバットエンディングだし、友達は背中を押すどころか、
私を引き留めたほうです。ただ、バットエンディングとは言って
も告白したからではありません。
前述した“希薄な部分”から自然にふたりの関係が壊れ始め
やがて終焉を迎えました
今となっては良い思い出ですし、“冬のホタル”に大きな影響
を与えた経験です。
T171_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.463-2]蜜の味 | トップページ | [No.464-1]ぶたカバン »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.171:

« [No.463-2]蜜の味 | トップページ | [No.464-1]ぶたカバン »