« [No.461-2]見覚えのある電車 | トップページ | [No.462-1]ありがとう »

ホタル通信 No.170

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.92 嘘?・・・本当?
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

久しぶりに出ましたね・・・実話度100%のお話です。いつもの
お約束で語り手は男性ですが、作者とは限りません

実話度100%の作品の中でも、かなり実話に基づいています。
唯一違うのはラストの数行程度です。
ある意味、メールの恐ろしさを知った出来事でした。恐ろしい
と言っても、ホラー的なものではないのは読んで頂いた通り
です。
もともとメールの返事が遅かった彼女ですが、この時は特に
遅かった・・・と言うより、小説にも書いた通り、何となく避けら
れていたと思います。
「ごめん、ケータイ放置してて」このメールも嘘ではないと思う
のですが、無理してる・・・そんな感じがしました。

一般論にすり替えるつもりはありませんが、そんな経験ありま
せんか?
自分が納得できるところでメールのやり取りが終わってほしい
と。このメールには返信が来て終われる、あるいはメールを送
って終われる・・・本来、返信が来るはずの内容に返信がなか
ったり、そのことに触れていなかったり・・・。
この時感じる温度差は何とも言えないものです。けど、これが
自分のペースを相手に押し付けてしまう原因だと考えています。

この話に登場する景子(けいこ)は、他の小説にも度々登場し
た人物です
ただ、知り合いで居られた期間が短かったせいか、エピソード
自体はそんなに多くはありませんが、検索フレーズランキング
のいつも上位に位置している「豆電球ネックレス」(同名の小説
はNo.55)は彼女が登場する話のひとつです。
T170

web拍手 by FC2

| |

« [No.461-2]見覚えのある電車 | トップページ | [No.462-1]ありがとう »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.170:

« [No.461-2]見覚えのある電車 | トップページ | [No.462-1]ありがとう »