« [No.459-2]空が無い | トップページ | [No.460-1]かばんに手紙 »

ホタル通信 No.169

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.167 パラレルワールド
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

もはや初期の作品と言えないのですが、まさしく狙いすぎな作
品です。その影響が全体的に話を分かり難くしています。

実話度から言えば、話の主軸である“らせん”について実際に
会話があったわけではございません。ただ、らせんを思わせる
出来事はありました
つまり、人と人との出会いをふたつのらせんの交わりに例えて
表現してみました。例え話であれば、別にらせんを使わずとも
他の言葉で表現できたのですが、小説の冒頭「結局、住む世
界が違ったのよね」が物語るように、少し異質な存在の人との
出会いがあったため、らせんに決めました
そのあたりのエキスを、ちょっとカッコ付けて振りまいたせいで
しょうか、いかにも狙いすぎな作品に仕上がってしまいました。

当時はほんとうにこんな気持ちでした。
でも、こんな気持ち・・・と私が書くと私が麻由(まゆ)と言うこと
になってしまいますが、実はそうなんです。
つまり、私自身の出来事を第三者的な視点で振り返って描い
た小説です。
当時、ほんとうに別世界からやってきたと思わせる、そんな人
と出会いました。平々凡々と生きてきた私にとって、それは衝
撃的な出会いになりました。
ただ、小説を読んで頂ければ分かるように、出会い・・・そして
別れました。

話は戻りますが、それぞれ別のらせんを歩んできたふたり。
ある時、それが交わりあい出会う。ただ、その交わりは一瞬で
再び、それぞれのらせんを歩き始める。
私たちは今、それぞれのらせんを歩いている。また出会える時
を信じて
T169
web拍手 by FC2

| |

« [No.459-2]空が無い | トップページ | [No.460-1]かばんに手紙 »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.169:

« [No.459-2]空が無い | トップページ | [No.460-1]かばんに手紙 »