« [No.455-2]ネオンカラー | トップページ | [No.456-1]ちらし配り »

ホタル通信 No.167

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.117 予言の書
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実際は作文ではなく、卒園する時に先生から頂いたメッセージ
カードです。卒園というくらいですから、メッセージカードの舞台
は幼稚園になります。

実家から届いた荷物には間違いないのですが、先日・・・のよ
うな最近ではなく、かなり前に届けられていました。それをタン
スの中を整理した時に見つけたことがきっかけです。
また、直筆で「将来こうなりたい!」と書いていたのではなくて
先生が「○○になりたいのね!」と書いてくれていました。
そこには他にも、自分の手形や友達の名前、その友達と一緒
に写した写真が貼られていました。

ちょっとしたタイムカプセル的な懐かしさがこみ上げてきたので
逃さず、それを小説にしてみました。
いつもの通り、オチは考えず話を進めてみました。今でもキー
ボードを打つ手が軽やかだったことを覚えています。内容がシ
ンプルなせいもあるからだと思います。
結果的には、世の中に存在しそうな話に仕上がっていますが
一応、オリジナル作品です

作文に書いてあったことが現実にも起きている。単なる偶然で
もあり、潜在意識がそうさせたかもしれない・・・これは小説にも
書いた通りです。あまり、SFっぽい展開を期待させないために、
生意気にも読者に釘をさしています。
書いてあることが現実になっている反面、書いてないことへの
不安が起承転結で言う“転”の部分で、“結”はなんとか幸せに
なれたみたいですね。

最後に「○○になりたいのね!」の○○には、えかきさん(絵描
きさん)が入ります。つまり、画家です
手前味噌ながら、確かに絵が好きで、そこそこの賞を取ったこと
もありました。
時は流れ残念ながら、えかきさんにはなっていませんが、絵筆
を違う筆に持ち替え、こうして小説を描いているのも全く無関係
とは思えません。

No

web拍手 by FC2

| |

« [No.455-2]ネオンカラー | トップページ | [No.456-1]ちらし配り »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.167:

« [No.455-2]ネオンカラー | トップページ | [No.456-1]ちらし配り »