« [No.453-2]えっへん! | トップページ | [No.454-1]写真の中の私 »

ホタル通信 No.166

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.190 恋は経験
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説は文中にもある“辛い恋を経験したら、次はきっと・・・”
が主軸になり、これに肉付けされた構成になっています。

恋愛と経験。この2つのキーワードで構成されている話は他にも
あります。世間一般に言われているから・・・と言うより、実体験
が色濃く影響しています。

さて、今回の話は比較的に軽めのノリで進んで行きます。
恋愛、それも恋愛の経験が役に立つ、立たないの会話が交わ
されラストに繋がります。
テーマとしては目新しいものではないため、会話自体はわりと
自然に書き上げることができましたが、ラストはどのような締め
括りにすれば良いか、キーボードを打つ手が止まったことを微か
に記憶しています

何度もご紹介させていただいた通り、ラストは考えずに話を創っ
て行きますので、気の利いた締め括りにならない場合がありま
す。そのため、話を作り替えることも少なくはありませんが、基
本的には、何とかオチを絞り出している状態です。
この話は後者の方で、今までの話の流れから、オチを考えてい
ます。

成功も失敗も、経験と言えば経験です
ただ、私たちはいつも失敗の経験談であり、それだけでは次に
生かされない・・・そんなオチになっています。
話そのものは創作なのですが、当時“恋愛と経験”を強く感じる
できごとがあり、それがきっかけとなっています。No

web拍手 by FC2

| |

« [No.453-2]えっへん! | トップページ | [No.454-1]写真の中の私 »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.166:

« [No.453-2]えっへん! | トップページ | [No.454-1]写真の中の私 »