« [No.443-2]疾風のごとく | トップページ | [No.444-1]確率40% »

ホタル通信 No.161

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.169 重いな・・・
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

ホタル通信を書くにあたり、改めて小説を読み直してみると、
当時の記憶が鮮明に蘇ってきます。でも、それは単なる想い
出ではなく「決意」に他なりません

作者は彼か私(女性)のどちらかになります。つまり、おんぶ
している人かおんぶされている人のどちらかです。
そんなことは分かっていらっしゃると思いますが、これに前述
した「決意」を加えると重要な意味を持つことになります。
実話度は高めですが、おんぶしている、されている、と言った
シチュエーションは全くの創作です。では、何が実話度を高め
ているのかと言うと、前述した「決意」がまたしても大きく関係
しています

仮に作者が私(女性)だとすれば、彼が私の人生を、それこそ
過去までも背負ってくれようとした「決意」を察して書いた小説
と言うことになります。
逆に作者が彼であったとしたら、彼女の人生を背負おうとした
「決意」を書いたと言えます。どちらにせよ、その決意や過去の
重さを、おんぶと言う行為に置き換えて話を展開させています。
ただ、No.169として小説を書いた当時に、このような決意があ
ったのではありません。小説を書いた時には既に過去の出来
事になっていました。

最後に、冬のホタルでは様々な話が複雑に関連しているのも
特徴で、言わばこの小説の「答え」を書いた小説があります。
それは「No.173 イバラの道」であり、「ホタル通信 No.155」で
もあります。
「答えがそうであっても、その時は本気でそうしようと思ったん
ですよね、作者さん?」
T161

web拍手 by FC2

| |

« [No.443-2]疾風のごとく | トップページ | [No.444-1]確率40% »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.161:

« [No.443-2]疾風のごとく | トップページ | [No.444-1]確率40% »