« [No.441-2]引越しソング | トップページ | [No.442-1]満天の空に »

ホタル通信 No.160

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.196 学習効果
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

冬のホタルとしては、かなりアダルトな部分に踏み込んだ作品
です。シチュエーション的に実話度が40%ではなく、男性が語
る話の内容が実話に近いものになっています。

その男性は実際にある女性から相談を受けていたようでした。
ただ、小説で匂わせている大人な関係には発展していません。
・・・けど、かなり後に「もしかしたら・・・」と、思わせる事態があ
ったそうです。その証拠にその出来事も小説になっています。

さて、彼が言う学習効果・・・何となく分かる気がします。
もともと男性と女性の考え方の違いとでも言えばいいのでしょ
うか?
良い意味で女性は自分自身を故意に騙すことができる。一方
男性は無意識に自分に騙される。どちらが良いとか悪いとか
ではなく、だからこそ、恋愛はスタートするのだと思っています。
勘違いする人、させる人・・・恋愛はそのバランスのもとで成立
するものでしょう。
つまり、そのバランスとは釣り合っているのではなく、どちらか
一方に傾いているという意味のバランスです。

手に入れたと思ったら、それはほんの一握りの砂・・・それこそ
一握の砂だったのでしょうか
それに、見る見る内に、手の中から零れ落ちてしまう・・・それ
をどうにも止めることはできなかったようです。

「えっ!語り手である私(女性)ですか?」
私は・・・実在するかもしれませんし、その男性が作り出した幻
かもしれませんね
そもそも、その男性が作者かもしれませんし、もしかしたら、相
談を持ちかけた女性かもしれませんね。
静かなバーに似合うように、真実を語るべきホタル通信にあって
も、たまには焦点をぼかしてみるのも良いかもしれません。160

web拍手 by FC2

| |

« [No.441-2]引越しソング | トップページ | [No.442-1]満天の空に »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.160:

« [No.441-2]引越しソング | トップページ | [No.442-1]満天の空に »