« [No.435-2]夢の跡 | トップページ | [No.436-1]彼女が残したもの »

ホタル通信 No.157

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.164 追い越す私
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度は限りなくゼロです。自分で言うところの“商業向け”
っぽい作りだと思います。従って、どのような想いを持たせ
て作ったのか、作者の視点で紹介させて頂きますね。

前半の展開と後半の展開は、一見繋がりがないような話に
見えますが、このふたつを繋ぐキーワードは“ドラマのワンシ
ーン”です。
前半は日常会話の中で、ドラマのあるワンシーンについて、
会話しています。彼と私にとっては本当にただの日常会話
であり、この先に何が待ち構えているのか、もちろん分って
いません
それに、この頃にふたりの関係がギクシャクし始めたのも
単なる偶然にしています。
多少、強引かもしれませんが、このギクシャクが前半と後
半とを結ぶ大切な役割を果たしています。

後半は前半の“お医者様”の話は全く出てきませんが、今
度は“男と女の別れ話”をドラマのワンシーンとして登場さ
せ、ドラマのワンシーンでもあり現実でもある・・・との展開
をさせています。

この小説は、前半を書き進めているうちに、後半にもうひと
つのドラマのワンシーンを入れよう・・・そして、それが現実
にも起こっている、と言う展開を思い付きました
ただ、この時点でいわゆるオチは考えておらず、たまたま
ドラマのワンシ-ンとして選んだ“去って行く彼、追いかけ
る私”で話を展開させたところ、このオチに行き着きました。

何度か書かせて頂いていますが、オチが最初からあって、
そうなるために話を作って行くことはほとんどありません。
今回の話は、手前味噌ですが、オチとしては結構気に入
っています
遅かったと思ったら早すぎた・・・でもあり、ドラマなら最終
回でも私達にとっては始まりとなった・・・でもあります。No

web拍手 by FC2

| |

« [No.435-2]夢の跡 | トップページ | [No.436-1]彼女が残したもの »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.157:

« [No.435-2]夢の跡 | トップページ | [No.436-1]彼女が残したもの »