« [No.432-2]約束 | トップページ | [No.433-2]3つの願い事 »

[No.433-1]3つの願い事

No.433-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
実家からやや離れた所に、とある神社がある。
有名でもないが、正月にでもなれば、そこそこ初詣の客で賑わう。

「中校生の頃だったかなぁ・・・」

小さい頃から、毎年訪れていたのは変わりなかった。
ただ、ある年、あえて願い事をしたのを覚えている。

「当然、聞いていいよね?」
「うん、そのつもりで話している」

願い事は、3つあった。

「3つ?少ないわね・・・」

他に願い事がなかったこともあるだろう。
加えて、子供心に遠慮したのも、また事実だった。

「あまり多いと、聞き入れてもらえなくなるでしょ?」
「そう?私なんか、いくつでも願い事するわよ」

でも、結果的にこれが良い方向へと進んだ。

「・・・ということは!」
「そう!叶ったんだよね、3つとも」

それぞれ時間は掛かったものの、願い事は叶った。

「じゃぁ、順に聞いていこうかな」

ひとつ目は、欲しかったものが買えた。
正確には買ってもらえた・・・となるが。

「自転車、欲しかったんだ」

小学生の時は、かなり駄々をこねても買ってもらえなかった。
それが、驚くほどあっさり買ってもらえた。

(No.433-2へ続く)

|

« [No.432-2]約束 | トップページ | [No.433-2]3つの願い事 »

(018)小説No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.433-1]3つの願い事:

« [No.432-2]約束 | トップページ | [No.433-2]3つの願い事 »