« [No.431-2]みゆき通り | トップページ | [No.432-1]約束 »

ホタル通信 No.155

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.173 イバラの道
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説は時々登場する“哲学チック”な作品の代表例と
言えるでしょう。

内容そのものの実話度はゼロですが、その背景にあるも
のは事実であり、それを“イバラの道”と言う言葉にギュッ
と凝縮しました。従って、極端に言えば、この言葉だけで
作品を創り上げています

背景・・・何となく、分って頂けると思います。
お世辞にも明るい話ではありませんが、それほど暗い話
でもありません。
平凡と思われる毎日に、突如として現れた“イバラの道”
でも、イバラの道は何も特別なものではなく、その平凡な
毎日にでさえ、トゲがある。
ラストを飾る「人生と言う道はどの道も少なからず、いばら
の道なんだ」と言う部分にはそんな想いを乗せています。

当時、自分自身にそれこそイバラの道が突如現れ、まる
で試されているかのように“進むべきか進まざるべきか”
の選択に迫られたことがありました。
その時の心の葛藤を、少し哲学的なセリフを並べて表現
してみました。案外、悩まずにスラスラ書き終えた記憶が
あります。
当時・・・とは書きましたが、小説を書いた時点では、それ
は既に過去のことであり、冷静に振り返ることができたせ
いで、筆が進んだのだと思います。

で、“イバラの道”を進んだのか、進まなかったのか・・・。
結局、私は進みませんでした。小説の言葉を借りれば、
 「その道を行かなければ“賢者”と褒め称えられる。
  けど、陰では“臆病者”と失笑をかう」
になるのでしょうね

道こそ進みませんでしたが、今でも心のどこかにトゲが刺
さっている気がします。でも、そのトゲは決して、私に痛み
を与えるトゲではありません。
No

web拍手 by FC2

| |

« [No.431-2]みゆき通り | トップページ | [No.432-1]約束 »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.155:

« [No.431-2]みゆき通り | トップページ | [No.432-1]約束 »