« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

[No.433-1]3つの願い事

No.433-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
実家からやや離れた所に、とある神社がある。
有名でもないが、正月にでもなれば、そこそこ初詣の客で賑わう。

「中校生の頃だったかなぁ・・・」

小さい頃から、毎年訪れていたのは変わりなかった。
ただ、ある年、あえて願い事をしたのを覚えている。

「当然、聞いていいよね?」
「うん、そのつもりで話している」

願い事は、3つあった。

「3つ?少ないわね・・・」

他に願い事がなかったこともあるだろう。
加えて、子供心に遠慮したのも、また事実だった。

「あまり多いと、聞き入れてもらえなくなるでしょ?」
「そう?私なんか、いくつでも願い事するわよ」

でも、結果的にこれが良い方向へと進んだ。

「・・・ということは!」
「そう!叶ったんだよね、3つとも」

それぞれ時間は掛かったものの、願い事は叶った。

「じゃぁ、順に聞いていこうかな」

ひとつ目は、欲しかったものが買えた。
正確には買ってもらえた・・・となるが。

「自転車、欲しかったんだ」

小学生の時は、かなり駄々をこねても買ってもらえなかった。
それが、驚くほどあっさり買ってもらえた。

(No.433-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.432-2]約束

No.432-2

何も劇的に寿命が延びる薬の開発を期待しているわけじゃない。

「ただ、ずっと先にゴールを持ってきただけ」
「・・・ずっと先?」

60歳になっても80歳になっても、まだまだゴールは先になる。
ゴールに近付くためには、生き続けなければならない。
それをブログを書き続けるということに置き換えた。

「具体的な目標・・・ってこと?」
「・・・だな、妖怪じゃないんだから、何もなく生きられないだろ?」
「妖怪には悪いけど」

正直に言えばそれまで続けられる自信は全くない。
けど、具体的にやるべきことが明日もある。
単純だけど、一日一日をそれで乗り越えて行く。
そんな意味を込めて、約束を交わした。

「ちょっと、ロマンティックな話ね」
「嫉妬した?」
「・・・別に」

そう言いながらも、何となく不機嫌そうな顔だ。

「冗談と分っていても、本気でこれに応えてくれる」
「それが嬉しくもあるな」

軽く受け流すわけではなく、本質を見抜いて応えてくれる。
だから、多少照れくさい話でもできるのかもしれない。

「こうなったら、私は151歳まであなたと一緒に生き続けてやる!」
「・・・僕は最初から、そのつもりでいたけど?」

(No.432完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.432-1]約束

No.432-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
ある約束をした。
冗談とは言え、気持ちの上では至って本気な約束だ。

「どんな約束?」

ブログを通じて知り合った人が居る。
ネット上だけとは言え、仲良くしてもらっている。

「ある時な・・・」

話の流れで、お互いいつまでもブログを書き続ける約束をした。

「・・・それって、お互い80歳になっても・・・というパターン?」
「基本的にはそうだな」

でも、大きく異なるところがある。

「何が異なるわけ?」
「年齢だよ、年齢」
「・・・そっか、さすがに80歳は厳しいか・・・」
「ううん、その逆」

その知り合いと交わした約束。
それは、150歳になってもブログを書き続けるという約束だった。

「150歳!?」
「絶対、無理じゃない!」

そんなことは百も承知だ。
書き続けられる以前に、生きていること自体、可能性ゼロだ。

「けど、至って本気なんだ」

(No.432-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.155

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.173 イバラの道
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説は時々登場する“哲学チック”な作品の代表例と
言えるでしょう。

内容そのものの実話度はゼロですが、その背景にあるも
のは事実であり、それを“イバラの道”と言う言葉にギュッ
と凝縮しました。従って、極端に言えば、この言葉だけで
作品を創り上げています

背景・・・何となく、分って頂けると思います。
お世辞にも明るい話ではありませんが、それほど暗い話
でもありません。
平凡と思われる毎日に、突如として現れた“イバラの道”
でも、イバラの道は何も特別なものではなく、その平凡な
毎日にでさえ、トゲがある。
ラストを飾る「人生と言う道はどの道も少なからず、いばら
の道なんだ」と言う部分にはそんな想いを乗せています。

当時、自分自身にそれこそイバラの道が突如現れ、まる
で試されているかのように“進むべきか進まざるべきか”
の選択に迫られたことがありました。
その時の心の葛藤を、少し哲学的なセリフを並べて表現
してみました。案外、悩まずにスラスラ書き終えた記憶が
あります。
当時・・・とは書きましたが、小説を書いた時点では、それ
は既に過去のことであり、冷静に振り返ることができたせ
いで、筆が進んだのだと思います。

で、“イバラの道”を進んだのか、進まなかったのか・・・。
結局、私は進みませんでした。小説の言葉を借りれば、
 「その道を行かなければ“賢者”と褒め称えられる。
  けど、陰では“臆病者”と失笑をかう」
になるのでしょうね

道こそ進みませんでしたが、今でも心のどこかにトゲが刺
さっている気がします。でも、そのトゲは決して、私に痛み
を与えるトゲではありません。
No

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.431-2]みゆき通り

No.431-2

私も学生時代、お世話になった。
通学路とまでは行かないが、学校の帰りによく立ち寄った。

「こんなレアな話で盛り上がれるなんて、考えても見なかった」

ローカルになればなるほど逆に話が盛り上がる。

「それにしても懐かしいなぁ~」
「・・・だね!」
「みゆき通りで繰り広げられた、恋の話もあるんじゃない?」
「まぁ・・・ね」

特段、デートコースになるようなものはなかった。
ただ、恋愛初心者にとっては都合が良かった。

「映画館も喫茶店もあったしね」

とにかく、デートの定番をこなすことができた。
もちろん、彼がこなしていたことにはなるが・・・。

「そうそう!私たちも初心者だったから、喫茶店にはよく行ったわね」
「照れもあって、2階の窓から通りを眺めていたわ・・・お互い」
「・・・2階?」

(それって、もしかして・・・)

「その喫茶店・・・狭い階段を上がって行かなかった?」
「・・・そうね、確かにちょっと窮屈だったわ」

思い当たる喫茶店がある・・・と言うか、当時ならそこしかない。

「ブラジル!」 「ブラジル!」

ふたりの声が重なった。
No
(No.431完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.431-1]みゆき通り

No.431-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「えっ!同じ姫路出身!?」

1年ほど前から仕事関係である人と知り合いになった。
不思議なほど、すぐ友達になった。

「全然、知らなかった」
「お互い改めて言う機会もなかったもんね」

極端な方言や訛りがない。
それが逆に“どこの人”か分り難くしている。
おまけに仕事柄、標準語を使わなくてはならない。

「そう言えば・・・あの部長もそうなのよ?」

思わぬ名前が出た。

「へぇ~そうなんだ~」

案外、居ないようで居る。

「なんだが親近感がわいちゃうな」

違う部署のため、話したことは数える程度しかない。
でも、今はもう気持ちの上で知り合いになった。

「そう言えば学校の帰り、よく商店街に寄り道してたっけな」
「・・・商店街?」
「それって、もしかして・・・みゆき通り?」

知り合いのビックリした顔がその答えのようだった。

「卒業以来、他人からその名前聞いたの初めてよ」

地元では有名な、駅前から姫路城に伸びている商店街だ。

(No.431-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.430-2]君は何番目なの?

No.430-2

「別にそれがどうしたってことはないんだけど・・・」

一人暮らしの私にとっては、多少通ずるものがある。
寂しさと・・・。

「・・・たくましさ?」
「よく分かったわね!」
「あなたを見てたら分るわよ」

そのネコに何かを重ね合わせていたのかもしれない。
どちらも地球の上の同居人だ。

「まっ、相変わらず人には馴れてないようだけど」

未だに私の顔を見ても、逃げてしまう。
ただ、昔よりは逃げるタイミングが遅くなってきた。

「よっぽど、怖いんじゃない?」
「それって・・・顔それとも性格?」
「・・・今はどちらも!」
「こらっ!」

今日も例のネコを見掛けた。
いつもより、お互いの距離は近い。

「君は、何番目なの?」

一瞬、私の声に反応したが、そのまま草むらに消えて行った。
その瞬間、鳴き声が聞こえた。

“ニャァ~ニャァ~”

その答えなのか、私の悪口なのかは、それは分らない。No
(No.430完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.430-1]君は何番目なの?

No.430-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「君は、何番目なの?」

一瞬、私の声に反応したが、そのまま草むらの中に消えて行った。

「へぇ~、兄弟・・・姉妹かもしれないけど他にも居たんだ?」
「見たいね」

最初に見掛けて以来、頻繁に出逢うようになった。
そしてある日、白い子猫を引き連れた一行に出逢った。

「親ネコの後を追っていたわ」
「例の白いネコ?」
「確信はないけど、多分そうだと思う」

親ネコを先頭に、白い三匹の子猫が続いた。

「当時は足取りもおぼつかなかったな」

でも、日を追うごとに成長が見てとれた。
気付けば、体は親ネコと変わらないまでに成長していた。
ただ・・・。

「ただ?」
「今は一匹だけで行動してるみたい」

どうやら親離れしたようだった。

「三匹とも白いから、誰が誰かわからないけど」

今見ているのが、AなのかBなのかCなのか・・・。
もちろん、全部Aかもしれない。

「兄弟で言うなら、長男、次男、三男ってことね」

(No.430-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.154

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.71 気持ち次第
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

実話度はそこそこ高めです。お土産を選ぶという行為とその
背景がほぼ実話と言えます。

前半よりも後半の方が実話度が高く、前半は後半へと話を
繋ぐために創作したような構成です
この話はある意味、過去形の話であり、お土産を選んだ結
果の話です。従って話の核心部分である“お土産を選ぶ時
に、その人を想いあれこれ悩む”姿そのものには触れていま
せん。
その“悩みながら選んでいる姿”の方が小説的には絵にな
るのでしょうが、第三者的にそれにアプローチしたかったた
めに、あえて“結果”の話にしました。

さて、“その結果”ですが、小説ではお土産を渡していない
ことになっていますが、実際は渡しています。
当初は事実通り“渡す”パターンを想定しながら書き進めて
いましたが、後半の途中あたりで“渡さない”パターンのオ
チのアイデアが閃いたので、小説上では渡さずにラストを迎
えさせることにしました

最近、また出張が増え始め、このような気持ちを抱くことが
多くなりました。
“その人を想い、あれこれシミュレーションする”小説に書い
た言葉ですが、改めてそう感じます。ただ、最終的に“買わ
なければいけない”ではありません。
これも小説に書いた通り“買わない選択肢もあげない選択
肢”もあります。これは、お土産選びを“義理”にしないため
にも必要なことかもしれません
No

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.429-2]癒しの時

No.429-2

「穴・・・開いてるのか!?」

正確には穴じゃない。
何かを差し込めるすきまと言うか・・・溝のようなものだ。
ただ、せいじゅうろうが随分と窮屈そうだった。

「なんか、無理やりっぽくない?」
「あったりぃ~」
「・・・それを当てても仕方ないだろ」

どうやら、そんなに太いものを入れるのではないらしい。
それに横幅も言うなれば、スマホサイズだ。

(・・・スマホサイズ・・・!?)

「スマホ入れ!?」
「あったりぃ~、今度はほんまに!」

(なるほど・・・)

もう出ていたヒントとは、スマホを見せた時から始まっていた。
つまり、見せたスマホそのものがヒントだったようだ。

「それにしても、せいじゅうろう・・・プッ!」
「癒されるやろ?」
「・・・だな」

でも、癒してくれるのは何もせいじゅうろうだけではない。

「ん?・・・どないしたん?」

菜緒(なお)もまた、癒してくれる。
No429_5
(No.429完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.429-1]癒しの時

No.429-1      [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「これなんやと思う?」

菜緒(なお)がスマホを見せてきた。
そこには、何やら茶色いクッションのようなものが写っていた。
ただ、比較する対象がないため大きさが分からない。

「リラックマの何かだろ?」

それは書いてあるからすぐ分かる。
それに、見慣れた色でもあり、質感でもあったからだ。

「そっ!」
「・・・って、何かヒントは?」

とにかく大きさが分からないとそれが何であるか、絞込み難い。

「ヒント・・・」
「そやね~、もうヒントは出してるけど、じゃあ、別の・・・」

(ヒントがもう出てる・・・?) 

その物以外は写っていない。
でも、新たなヒントを出してくれるなら、それを待つことにした。

「これなら、どない?」

別の写真だった。

「あっ!せいじゅうろう・・・」

そのクッションらしきものに入っていた。
それも不自然極まりない状態で。

(No.429-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.428-2]ロンサム・シーズン

No.428-2

「答えはWebで!」
「・・・あのね」

別にCMを真似たつもりはない。
至って、真実だ。

「本当にWebに答えがあるのよ」
「ちょっと、強引だけどね」

正しくはWebじゃなくてもいい。
ただ、それを手軽に入手するにはWebが最適だった。

「どこかのホームページ?」
「ううん、歌の歌詞なの」

“その後”の答えを歌詞にしたような歌がある。

「へぇ~、なんだか面白い展開ね!」
「素直に答えを聞くよりも、いいかもしれない」

その歌詞は随分前から知っていた。
いつもその歌を耳にするたびに、当時の記憶が蘇った。

「それより、なんて歌なの?」
「じゃ、あとでこのURLに行って」

今、この場で答えが分ってしまうのは照れくさい。

「聞いたわよ、例の歌」
「勇気を出して、手紙に書いたのにね」
「ただ、それはそれでいい思い出になったよ」
「そっか・・・それこそ、青春だね!」

それはいつも、はしゃぎすぎた季節のあとにやってくる。
私の甘酸っぱい想い出が・・・。

(No.428完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.428-1]ロンサム・シーズン

No.428-1

登場人物
=牽引役(女性)相手(女性)
-----------------------------
今思えば、大胆な行動だったと思う。

「確かにそうよね」
「逆に今じゃ、考えられないけど」

高校生の頃、付き合い始めた彼と手紙のやりとりをしていた。
交換日記までといかない、便箋1枚程度の量だ。
一緒に帰る日にあわせて、それのやりとりをした。

「今みたいに、ケータイがなかったもんね」

一緒に帰る日を決めることも一苦労していた時代だ。
手紙の交換に合わせて、次の予定も決めた。

「なんでそんなこと書いたのさ?」
「なんでだろう・・・青春のイタズラ?」

らしい言葉で逃げてみた。
当時、他愛もないことを手紙に託していたような気がする。
口に出すよりも、文字にした方が雰囲気が出るからだ。

「雰囲気?」
「なんとなく秘密を共有してる、って感じかな」

それに何度も読み返すこともできる。
何度、彼の言葉にニヤケたことだろう・・・。

「話がズレてない?」
「あっ!そうね、ごめん」

もともとは私の大胆な行動に対する話だった。

「で、どうなったの?その後・・・」

“その後”の前に、私は手紙にこう書いていた。

『次、逢った時にキスしたい』

(No.428-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.153

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.67 いつもここから
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

ホタル通信では今までに数多く、自分の作品に対してダメ
出しをしてきましたが、今回の作品は掲載している小説の
中では、1位、2位を争う“出来の悪さ”でしょう

実話度は40%なので、そこそこ事実に基づいて作られてい
ます。冒頭の“突然の閃光に襲われた”から始まる展開は
全て事実です。
本来、事実の割合が高い小説は作り易いのですが、この
小説は非常に作り難かったことを覚えています。その作り
難さが作品の質に影響していることは間違いありません。

では、小説をかなり補足します。
前半の終了間際のセリフ「あれから(中略)のね」までは、
牽引役である女性の過去の出来事です。
彼女は現在に存在しており、今年のペルセウス流星群を
見た時に昨年の出来事である“突然の閃光に襲われた”
を思い出したわけです
つまり、テレビドラマ風に映像で考えれば、冒頭、回想シ
ーンから始まり、ある時点で現在に切り換わる感じでしょ
うか?

次に後半ですが、前半との関連性があるような、ないよう
な感じですね。
流星群を無理やり心に訴える“何か”に仕立て上げている
ように見えてなりません。自分で言うのもおかしいですが。
ただ、何度か書かせて頂いた通り、初期の作品は“重い”
話が多かったこともあり、この作品も“やや”ではあります
が重い話です。
ですから、当時の心の内側を小説にしたようなものです。
今でこそ、そこそこ話の構成はマシになっていますが、当
時は“心の勢い”だけで書いていたような気もします

出来の悪さは、1位、2位を争うほどなんですが、前述した
通り、“心の勢い”だけは他に負けないくらいです。
他の話と直接リンクする関係にはありませんが、星にまつ
わる話は少なくありません。それは偶然そうなったわけで
はなく・・・必然的にそうなっています。
No

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.427-2]二枚の写真

No.427-2

「出来栄えはどないなん?」
「そりゃ、もう!」

僕の腕前からすれば奇跡の一枚とも言える会心の写真が撮れた。
ある意味、実物よりも雰囲気が出ている。

「ほんまや!完全な上目遣いやん!」

とか何とか言いながらも、満足そうだった。
けど、決して自己満足のナルシストではない。
僕が喜んでいることに対して満足している。

「ええ、写真が撮れたやん!」

そう言うと、さっきの表情とはうって変わって満面の笑みになった。
幼さが残る、まるで少女のような笑みだった。

「それ、いただき!」

反射的にシャッターを押した。

「わぁ~完全に無防備やん!」

幼い表情の彼女こそ、本来の彼女だ。
逆に妖艶な表情が作り物だと言える。
でも、その妖艶さで誰かを陥れようとしているわけではない。
端的に言えば、モデルとしてのプロ意識だ。
それと・・・。

「生きて行くためだったよな?」

写真の彼女に問いかけた。

「・・・かもね」

そんな返事が聞こえてきたような気がした。

(No.427完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.427-1]二枚の写真

No.427-1

登場人物
=牽引役(男性)相手(女性)
-----------------------------
何気なくパソコンに差し込んだメモリーカードにそれはあった。

「あっ・・・これ・・・」
「全部消したつもりだったのに・・・」

いくつかコピーを作っていたことが原因していたのだろう。
消し忘れていた写真が残っていたようだ。

「特に好きな写真だったよな・・・」

僕を見つめる二枚の写真。
一枚は言わば大人の女性を感じさせる“妖艶”な表情だ。
もう一枚は対照的に、“幼さ”が残る。
けど、どちらも同じ日の、ほぼ同じ時間に撮ったものだった。

「ほら、こんなんええやろ!」

モデルらしく、ポーズを決める。
何座りと言えば良いのだろうか?
両足を“く”の字に曲げて、床にペチャンと座り込んでいる。
特徴的なのは、ポーズではなく、その表情にある。

「上目遣いがいいね」

言い方は良くはないが、物欲しそうな目が何かを語っている。
妖艶でもあり、挑発的でもある。

「なら、早く早く!」
「じゃ、撮るよ!」

モニター越しに、彼女が映っている。
表情は相変わらず、艶かしい。

「はい、チーズ!」

ベタな掛け声と共に、“カシャッ”と作り物の音がこだました。

(No.427-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »