« [No.422-1]鍵 | トップページ | [No.423-1]崩れた壁 »

[No.422-2]鍵

No.422-2

「ふ~ん・・・で、この“安物”がお目に叶ったわけね」
「そう!このフィット感がいいのよね」

しばらくぶりにキーホルダーを替える気になった。

「ねぇ・・・どうかしら?」
「どうって言われても・・・」

(これはどうしよう・・・)

感想を求めながらも前のキーホルダーのことが脳裏をよぎる。

「どうしたの・・・考え込んじゃって?」

キーホルダーを付け替えるということは前のが余る。
余る上に、もう使い道は残されていない。

「もう、時計としても機能してないわけでしょ?」
「そんなの捨てちゃえばいいじゃん」

確かに言う通りではある。
この鍵に付いていたからこそ、ここまで長く使うことができた。
そうでもなければ、とっくの昔に捨てていただろう。

「そうなんだけど・・・」

言うほど愛着があるわけではない。
ただ、捨てるのには忍びない。

「じゃあ、使ってあげるから私に頂戴!」
「えっ!?」

以前もこんなことがあった気がする。
ただし、それは鍵ではなく・・・。
No422
(No.422完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.422-1]鍵 | トップページ | [No.423-1]崩れた壁 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.422-2]鍵:

« [No.422-1]鍵 | トップページ | [No.423-1]崩れた壁 »