« [No.420-1]買えない自転車 | トップページ | [No.421-1]名誉の傷 »

[No.420-2]買えない自転車

No.420-2

「理由?」
「そうね、子供の頃の反動かな?」

自転車を一番欲しがる年頃に、自転車を与えられなかった。
正確に言えば“新しい”自転車を・・・だが。

「つまり、買い替えってことね」

もともと乗っていた自転車も買ったわけではない。
新品ではないことは子供にさえわかる代物だった。

「結構、恥ずかしい思いをしたのよ」

極力、自転車を使わないようにした。
でも、そうも言っていられないことも多かった。

「今と違って、そんなに安い買い物じゃないからね」

当時は、かなり駄々をこねた記憶がある。
泣いた記憶の殆どに、自転車を欲しがる私が登場する。

「それがトラウマになってるのかも」
「でも、別に親を恨んでいるわけじゃないのよ」
「子供の頃に叶わなかったことを今、自分で叶えてる・・・か」
「そうね・・・そうかもしれない」

ただ、もう頻繁に買い替えるのは止めるつもりだ。

今思えば、随分生活を切り詰めていたかもしれない。
ようやくそのことが理解できる年齢になったからだ。No420
(No.420完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.420-1]買えない自転車 | トップページ | [No.421-1]名誉の傷 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.420-2]買えない自転車:

« [No.420-1]買えない自転車 | トップページ | [No.421-1]名誉の傷 »