« [No.423-2]崩れた壁 | トップページ | [No.424-1]LINE POP »

ホタル通信 No.151

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.139 今年のバレンタイン
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

手前味噌になりますが、オチに相当するラスト付近の出来
栄えはそこそこでしょう・・・でも、それに至るまでの過程が
ちょっとわかり難いですね

まず、実話度について触れて行きます。
実話度20%ですから大部分は創作で、以前にチョコを渡せ
なかった事実をかなり大きく膨らませた話になっています。
冒頭、ラストに至るまでの過程がわかり難い・・・と記載しま
したので、補足して行きますね。

わかり難いのは、時間的な経過をあえてバラバラに記載し
ているからです
つまり、“数日前、知り合いに不幸があった”と前半の最後
の部分を冒頭に持ってくれば、多少なりとも“だからチョコを
渡す気になれなかった”と理解することができます。
ただ、そうすると、いきなり、ネタばれ的でもあるため、やや
商業的な要素を加えるため、あえて最後にしました。
小説の上のある男性社員がメールの内容に“?”だったよ
うに読んで下さった皆様もきっと“?”だったと思います。そ
れが狙いと言えば狙いなのですが・・・。

この話もいつもの通り、小さな事実を捉えて、それを大きく
膨らませる・・・というやり方です。
それに、これもいつもの通りなのですが、オチは考えずに
話を作って行きました。ですから、最後に何か気の利いた
締めくくりになるかどうかは、正直、時の運です。
ですから、今回の話はそれが良い方向に向かったひとつ
の例でもあります。
作者である自分がアイデアをひねり出すのではなく、あく
までも小説上の登場自分達が結論を導いています。
No151

web拍手 by FC2

| |

« [No.423-2]崩れた壁 | トップページ | [No.424-1]LINE POP »

(106)通信No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.151:

« [No.423-2]崩れた壁 | トップページ | [No.424-1]LINE POP »