« [No.421-2]名誉の傷 | トップページ | [No.422-1]鍵 »

ホタル通信 No.150

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.182 汚れた世界
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

No.182の話になると、さすがに初期の作品とは言えませ
んが、初期の頃によく見られた重々しい雰囲気が全体を
支配しています

実話度は、ほぼ100%と言えるのですが、ラストに近付く
に連れて、やや創作度が増して行きます。
それにいつものお決まりで、作者は“僕”か“菜央”のどち
らかになります。

さて、ほぼ実話なので、読んで頂いた通りの内容です。
当初、お父さんと聞かされていた人物・・・実は彼氏であ
り、加えて彼氏とは結婚を前提に付き合っている・・・。
小説のように、確かに2度驚きました。
ただ、これも小説に書いた通り、2度目の驚きは結婚を
前提・・・に驚いたわけではなく、父親との不仲・・・すな
わち、彼との不仲を日頃から聞かされていたことによる
ものでした
つまり、どうしてそんな人と付き合っているのか、それも
結婚を前提にしてまで。
そんな彼を、悪者呼ばわりするわけではないのですが、
人となりを感じて頂ける話が「No.352針に気をつけて
になります

改めて言う必要がないかもしれませんが、菜央はもは
や“冬のホタル”におけるヒロインのような存在で、様々
な話に名前や性別をかえながら登場しています。
そもそも、ブログを始めるきっかけになった人ですし、今
でもその影響を受けながら、小説を書いています。

最後に、会話が交わされた場所を紹介してから締め括
りますね。場所は「No.322英国屋」です。それに、この
小説を読んで頂けたら・・・リンクしているように感じませ
んか?
No150

web拍手 by FC2

| |

« [No.421-2]名誉の傷 | トップページ | [No.422-1]鍵 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.150:

« [No.421-2]名誉の傷 | トップページ | [No.422-1]鍵 »