« [No.419-1]フリージアの雨 | トップページ | ホタル通信 No.149 »

[No.419-2]フリージアの雨

No.419-2

友人が言う通り、絵にはなっていない。
窓に映る私の姿は、さながら落ち武者のように見える。
それほど、悲壮感が漂っているからだ。

「貞子みたいね」

落ち武者ならぬ“貞子”と言われた。
どっちもどっちのような気がするし、もっと酷いような気もする。

「ちょっと、貞子って・・・」
「・・・それなら恨んでやる~!」
「キャ~!!」

怒るつもりが、なぜだか安っぽいコントに変わってしまった。

「あ~ぁ、もうどうでもよくなってきちゃったよ」
「悲しみが雨と一緒に流れて行ったからじゃない?」

さっきまでの友人とは違い、急にしゃれたセリフを投げ掛けてきた。

「そう考えると、雨に打たれて良かったかもね」
「そうね・・・まぁ、見た目は悲惨だけど」
「言わないの!」

ただ、友人の言う通り、見た目は最悪だ。
それに、改めて冷静になってみると、恥ずかしい。
ここがカフェの一角だからだ。

「きっと周りの人は、変な奴って思ってるでしょうね」
「大丈夫よ、その傘を私に貸してくれれば」

(No.419完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.419-1]フリージアの雨 | トップページ | ホタル通信 No.149 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.419-2]フリージアの雨:

« [No.419-1]フリージアの雨 | トップページ | ホタル通信 No.149 »