« [No.418-1]腹話術 | トップページ | [No.419-1]フリージアの雨 »

[No.418-2]腹話術

No.418-2

「どうだ・・・良い眺めだろ?」

窓際にせいじゅうろうを座らせた。
百万ドルとは行かないまでも、それなりに夜景が綺麗だった。

『そうですな』

もちろん、せいじゅうろうがしゃべったわけではない。
それに、出張前のように菜緒がしゃべっているわけでもない。
あくまでも俺の心の声だ。

「菜緒にも見せたかったな・・・」

せいじゅうろうには悪いが、こいつは身代わりみたいなものだ。
菜緒の代わりに、俺と行動を共にする。
せいじゅうろうの目を通じて、彼女に伝えたかった。
もちろん、現実的にそれはありえないことだと分っていても・・・。

「そうだな・・・記念撮影でもしようか?」
『そうですな!』

せいじゅうろうから元気な声が返ってきた。

(・・・で、どこにしようか・・・)

夜景をバックに・・・も魅力的だが、撮影が難しい。
それなら・・・。
部屋のスタンドが良い雰囲気をかもし出している。

「たまには、こんな場所でも如何かな?」

もちろん、二つ返事だった。

「じゃあ、はいチーズ!」

それから、2週間ほど全国を飛び回り帰路についた。
実はそれからが大変だった。
仕事とは言え、みやげ話をするはめになったからだ。
でも、みやげ話自体が大変だったわけではない。
せいじゅうろうを通じて腹話術のように話すことが大変だった。No418
(No.418完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.418-1]腹話術 | トップページ | [No.419-1]フリージアの雨 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.418-2]腹話術:

« [No.418-1]腹話術 | トップページ | [No.419-1]フリージアの雨 »