« [No.417-2]待ち合わせ | トップページ | [No.418-1]腹話術 »

ホタル通信 No.148

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.61 彼が居ない季節
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性

話のきっかけは何かあったはずなのですが・・・実話度がゼ
ロだけにインパクトがなく、はっきりとは思い出せません

前述通り、記憶は確かではないのですが「多分、こうだろう」
を前提に話を進めて行きますね。
この話のキーワードは彼氏が居る、居ないではなく、単純に
“夏”です。小説の作り方に多少作者のクセがあり「楽しい」
なら「悲しい」、「明るい」なら「暗い」など、状況に対して逆の
シチュエーションを用いることが多々あります。
それでこの小説には、“夏”に対して、その逆として“彼氏が
居ない”というシチュエーションを設定しました。

・・・とは言うものの、初期の作品でもあり、ちょっと残念な仕
上がりです
実話度ゼロの場合、“何か狙っているもの”がありますので
今回も何かを狙っていたんでしょうね・・・はっきりとは覚えて
いませんが。
全体的にコミカルな展開にしているのは、面白おかしくする
ことが目的ではなく、友人同士のワイワイガヤガヤの雰囲気
を出したかったからです。それこそ、いつもの日常を切り取っ
てみたようなものです

前半が何となく、詩人っぽい作りになっていることを考えると
多分、前半メインで話ができたと思います。
何度かお話している通り、ラストやオチに相当する部分は後
で考える・・・というより、成り行きに任せています。
もともと、日常を切り取った話ばかりですから、都合よくオチ
があることが逆に珍しいくらいです。ですが、そうでもしなけ
れば、やはり話としては締まりませんから、あえて締めるよ
うに心掛けています。
No148

web拍手 by FC2

|

« [No.417-2]待ち合わせ | トップページ | [No.418-1]腹話術 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.148:

« [No.417-2]待ち合わせ | トップページ | [No.418-1]腹話術 »