« [No.412-1]昔のケータイ | トップページ | [No.413-1]初恋の基準 »

[No.412-2]昔のケータイ

No.412-2

答えは単純明快だ。

「目覚まし時計の代わりよ」
「目覚まし?」

スマホにその機能が備わっていないわけじゃない。

「じゃぁ、なんで?」
「いちいち、面倒でしょ?アレもコレも1台に任せてたら」

ただでさえ、色んな役目を背負わせている。

「だから、目覚まし時計専用にしようかと」

目覚まし時計を買わないのは、地球にやさしい行為のつもりだ。
使えるものは使えばいい。
それにしても当時の最新機種がいまや時計代わりだ。
何となく神妙な気持ちにもなる。

「それに、これ見てよ!」
「見てって・・・普通にメニュー画面じゃん」

見てもらいたいのは、画面そのものじゃない。

「文字、見てよ?」
「文字?・・・今となっては随分、見難いわね」

極端に言えば、昔遊んだファミコン風のドット文字だ。
今とは滑らかさが違う。

「これが良いんじゃない!」
「全然、その気持ちわかんないけど」

何となくノスタルジックな気分になる。
ちょっと、一息つけるような、そんな感覚だ。

その目覚まし時計は今でも現役だ。
ベットの傍らに置いてある。
ただ、メールも着信履歴も全て消去した。
毎晩、枕を涙で濡らすわけにはいかないからだ。
No412
(No.412完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.412-1]昔のケータイ | トップページ | [No.413-1]初恋の基準 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.412-2]昔のケータイ:

« [No.412-1]昔のケータイ | トップページ | [No.413-1]初恋の基準 »