« ホタル通信 No.144 | トップページ | [No.410-2]スニーカー »

[No.410-1]スニーカー

No.410-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「なに、怪訝な顔して・・・」

友人が声を掛けてきた。

「えっ!そんな顔してる?」
「何度も首をかしげているわよ」

新しいスニーカーを買いに来た。
今まで履いていたスニーカーが痛んできたからだ。

「なにか気に入らないわけ?」

そうとも言えるし、そうとも言えない。

「足のサイズなんだけど」

一回り小さくなっている。
今までずっと24cmだったのに、23cmがピタリとくる。

「そんなのメーカーによって、多少は違うんじゃない?」

確かに同じサイズの靴でも履き心地は違う。
ただ、それはあくまでもフィット感であって、サイズではない。

「大きくなるよりはいいんじゃないの?」
「まぁ・・・場所によってはそうでもないけど」

そう言うと、私の胸をジッと見る。

「こっちは成長中なの!」
「冗談よ・・・で、小さくなったらなにか不便でも?」

別に不便ではない。
それに、なにか困ったことがあるわけでもない。

「だったら、いいじゃない」

でも、何だろう・・・首をかしげたくなる、この気持ちは・・・。

(No.410-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.144 | トップページ | [No.410-2]スニーカー »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.410-1]スニーカー:

« ホタル通信 No.144 | トップページ | [No.410-2]スニーカー »