« [No.409-1]アイドル | トップページ | ホタル通信 No.144 »

[No.409-2]アイドル

No.409-2

彼女とアイドルは、ひいき目で見なくとも似ている。
なのに本人も含めて、誰も似ているとは思っていないようだ。
それが今、はっきりした。
それになぜなのか?・・・も。

「やっぱり、憧れる?」
「うん・・・でも、うちには遠い世界や」

ルックスなら引けをとらない。
とらないどころか、上を行っている。
だからといって成功するかどうかは、時の運もある。

ただ、彼女とそのアイドルには決定的な違いがある。

「そんなことないだろ?」
「せやかて、プロフィールなんて書けばええねん?」

プロフィールなんて、ある意味嘘でもいい。
ただ、嘘を突き通してもかもし出す雰囲気を隠すことはできない。
それは生い立ちであり、そこから来る雰囲気の違いだ。
その雰囲気に包まれているからこそ、似ていると感じないのだろう。

「そのうち、“宿無しアイドル”なんて書かれるやろな」

両親のもとを離れ・・・というか、家を飛び出している。
今はどうにか、あるところに住んではいる。
でも、真の意味で、落ち着ける場所ではない。

「宿無しアイドルか・・・新しいかもな」
「いけるかな?」

ふたりで顔を見合わせる。

「今、何考えていた?」
「きっと、同じことやと思う」

ステージに立つ彼女、それを見守るマネージャーとしての僕。No409
(No.409完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.409-1]アイドル | トップページ | ホタル通信 No.144 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.409-2]アイドル:

« [No.409-1]アイドル | トップページ | ホタル通信 No.144 »