« [No.413-2]初恋の基準 | トップページ | [No.414-1]一期一会 »

ホタル通信 No.146

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.195 二度目の出逢い
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

この話、芸能界で言えば楽屋ネタみたいなものでしょうか?
身内しか分からない話の典型的な例です

とは言え、もともと冬のホタルは一般受けするのがブログの
趣旨でもなく、表現は悪いですが“自己満足”が基本です。
ですから、その趣旨をより色濃く出した作品だと言えます。
さて、タイトルが二度目ですから、当然一度目があるわけで
す。別に一度目を隠す必要もないし、本編ラストにも堂々と
書いています。

この話は人との出逢いではなく、言葉の出逢いです。
一度目が“ラジャー”、そして二度目が“ゆう”で、その言葉
を発した人はそれぞれ別の人です。
たかが、言葉なんですが、その言葉に泣き、笑い・・・色んな
思い出が詰まっているんですよね。もちろん、結果的にそれ
が人に繋がって行くのですが、小説的に少し変化球で勝負
したくて、言葉をメインに持ってきました

ラジャー”については、小説もホタル通信も既出ですので
リンク先をご確認願います。
そして、“ゆう”の人を題材にいくつか話を書かせてもらいま
したが、一番ストレートなのは「No.150 謎のオーケストラ
になります。
ブログ繋がりで知り合えた彼女。色々な意味でとても魅力
的な人です。作者自身も変わっていることもあるからでしょ
うか?知り合いになる方も、大変個性的な方が多く、そのお
陰で、大変良い刺激となっています。

最後に内容について少し触れさせて頂きますね。
実話度は高めですが、実際に対話したわけではなく、あく
までもメールのやり取りをひとつの時間軸上の話としてま
とめたものです。
他人には全く何のことなのか、分からない部分もあります
が、日常なんてそんなものです。だからこそ、その日常が
大好きなんです。

web拍手 by FC2

| |

« [No.413-2]初恋の基準 | トップページ | [No.414-1]一期一会 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.146:

« [No.413-2]初恋の基準 | トップページ | [No.414-1]一期一会 »