« [No.409-2]アイドル | トップページ | [No.410-1]スニーカー »

ホタル通信 No.144

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.59 見えない文字
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

これぞ、“The 冬のホタル”と言う作品です。最近では見かけ
なくなったリアル感が懐かしいくらいです。

実話度に関しては、ほぼ100%と言っても良いでしょう。です
から、作者は“僕”か“由美”かのどちらかです。
ホタル通信は小説上の牽引役が語り手となるため、今は男
性である“僕”が語り手になります。

内容は実話度ほぼ100%ですから、読んで頂いた通りです。
この時、生まれて初めて“死を覚悟した”人を目の当たりに
しました
    『死ぬのはこわくない、でも悲しいよね』
この言葉は記憶とか脳裏に焼き付いたとか、そんな半端な
ものではなく、今でも僕の“DNA”に深く刻まれており、忘れ
ることは一生できないと思います。

死を選ぶことに対して、この場では否定も肯定もしませんが
あの時の彼女は少なくとも“弱い人間”には見えませんでし
た。よほど僕よりも、強い人間に見えました
ただ、死を選ばなければならない自分に対して、疑問を抱き
幸せになりたいのに、なれない葛藤に苦しんでいました。

さて、話は横道に反れますが、冬のホタルでは話がそれぞ
れ密接な関係にあります。それは登場人物がかなり限られ
ているからです。
その中でも、この話は直接的に関係する話が多く、次の3つ
の作品がそれにあたります。
 「No.24 一人だけの入学式
 「No.210 記事を読む理由
 「No.285 誰も居ない助手席
ただ、小説の発表順が実際のエピソード順ではありません
ので、良ければ上の3つの作品もご覧になってください。

この記事を書いていると、改めて想うことがあり、涙が出そう
になります・・・でも、悲しい涙ではありませんからね
No144
web拍手 by FC2

|

« [No.409-2]アイドル | トップページ | [No.410-1]スニーカー »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.144:

« [No.409-2]アイドル | トップページ | [No.410-1]スニーカー »