« [No.408-1]黄色い電車 | トップページ | [No.409-1]アイドル »

[No.408-2]黄色い電車

No.408-2

「今で言う、都市伝説だったかもしれないな」

それに正確に言えば電車ではなく、“汽車”だ。

そもそも、なぜそんな噂が出たのか知る由もない。
噂が噂を呼び、いつしか幸せを運ぶ幻の黄色い電車になっていた。
その電車を見ると願い事が叶うとか、どうとか・・・。

「もしかして、だからこの場所を選んだのか?」

あの日、優美子(ゆみこ)から告白された。
でも、あくまでも幼なじみとしてしか見ていなかった。

「そうね、だからフラれたのかな?」

電車が来なかったことを言ってるのだろう。
つまり、願いは叶わなかったと。

「来るわけないのは、優美子だって知ってただろ?」
「鈍感ね!だからここを選んだの」
「あっ・・・」

ある意味、女性らしいけじめの付け方なのかもしれない。
フラれることが分っているからこそ、あえてこの場所を選ぶ。

「ごめん・・・」

僕を気遣ってのことだろう・・・電車には悪いがそう言うことだ。
電車が来なかったから、優美子はフラれた。
お互い、そう考えればそれで済む部分もある。

「それはそうと、どうしてここに呼び出したか分かる?」

線路がない以上、どう転んでも電車はこない。

「来たわよ」
「えっ!・・・なんだ・・・脅かすなよ、バスじゃないか!」

確かに黄色いバスのせいか、一瞬驚いた。

「あ!バレた?」
「呼び出したのは驚かせる目的があったからだろ?」

この時は知らなかった。
地元をしばらく離れていたために、ある噂が広まっていたことを。No408
(No.408完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.408-1]黄色い電車 | トップページ | [No.409-1]アイドル »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.408-2]黄色い電車:

« [No.408-1]黄色い電車 | トップページ | [No.409-1]アイドル »