« [No.406-2]自分磨き | トップページ | [No.407-2]旅の終わり »

[No.407-1]旅の終わり

No.407-1    [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
(困ったぞ・・・)

前から分ってはいたし、それを承知の上で買い替えた。
でも、さっきからスマホとにらめっこが続いている。

「せいじゅうろうは元気にしてはる?」
「ん?も、もちろんだよ!」
「あいかわらず、ダラランとしてる」

かわし方も板についてきた。
加えて、その内容も菜緒(なお)好みだ。

「やっぱり、そうなんや!」

俺のせいじゅうろうだけでなく、リラックマの基本設定だ。
ただ、そこを突っ込んではいけない。

「ほんなら、あいさつしとこか」
「・・・せいじゅうろうに?」

聞くまでもないが、つい聞いてしまった。
まずい・・・非常にまずい。

「どないしたん?」
「い、いや・・・ね・・・せいじゅうろうは旅に出てまして」

買い替えたスマホにはストラップが付けられない。
つまり、せいじゅうろうはそこにはいない。

「そうなんや!じゃあ、帰りを待つとしますか」
「・・・どこで・・・って、ここで!?」

別に試されているわけじゃない。
菜緒が至って本気なだけだ。

「自分の家やもん、待っててもええやん」

確かに間違ってはいない。
でも、待っていてもせいじゅうろうは帰って来ない。

(No.407-2へ続く)

|

« [No.406-2]自分磨き | トップページ | [No.407-2]旅の終わり »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.407-1]旅の終わり:

« [No.406-2]自分磨き | トップページ | [No.407-2]旅の終わり »