« [No.405-1]御堂筋線 | トップページ | ホタル通信 No.142 »

[No.405-2]御堂筋線

No.405-2

「せっかく、ここに来たんだからプレゼントするよ」
「ホンマに!?」

その後の奈美(なみ)の喜びようといったら・・・。
こちらとしてもプレゼントのしがいがある。

「ついでに、3つ買えばいいよ」

これでいわゆる1セットというか、1家族というか・・・。

「これなら奈美の家に、居候・・・って設定もありだろ?」
「うん!うちが“かおるさん”の代わりやね!」

そう言うと、吟味に入った。
奈美曰く、大量生産とは言え、微妙に表情が違うらしい。

「これとこれと・・・これにする!」

やっと決まったらしい、時間にしておよそ30分。

「ちょ、ちょっと・・・休憩タイム!」

とりあえず、近くのカフェで休憩することにした。
けど、休憩するはずのカフェでも相変わらず奈美は元気だ。
もう、さっき買ったキャラクターで遊び始めた。
それを僕はただ、黙って見ていた。

「・・・そろそろ、時間じゃない?」

目的の場所が難波とは言え、そんなにノンビリしていられない。

「ほんまや!仕方ないなぁ~」

奈美だけではなく、僕も渋々、カフェを後にした。

「じゃあ、また」
「うん」

ごく短い言葉を交わしてから、奈美の背中を見送る。
けど、すぐに行き交う人の波にのまれ、その姿を見失った。
ここは、御堂筋線天王寺駅・・・。
僕は改札前でいつまでも遠くを見ている。
No405
(No.405完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.405-1]御堂筋線 | トップページ | ホタル通信 No.142 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.405-2]御堂筋線:

« [No.405-1]御堂筋線 | トップページ | ホタル通信 No.142 »