« ホタル通信 No.141 | トップページ | [No.404-2]暗証番号 »

[No.404-1]暗証番号

No.404-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「・・・何番だと思う?」
「わかるわけないでしょ!!」

他人に容易に推測されるなら、暗証番号とは言えない。
それは百も承知している。

「だってぇ~たくさんあるんだもん!」

世の中、暗証番号で溢れている。
加えてネット社会だ。
ログインIDだの、ログインパスワードだの、きりがない。

「たかが4桁じゃない?」
「でも、自分の生年月日は使えないし」

適当に4桁を選ぶわけにはいかない。
それこそ忘れてしまえば、二度と思い出すことはないからだ

「今まではどんな数字使・・・って、いえるわけないか?」
「構わないわよ、ひとつは私書箱の数字を使ってる」
「・・・ししょばこ?」

中学生の頃に、とあるラジオ番組をよく聞いていた。
私書箱とは、その番組へのハガキの送り先だ。

「私書箱もビックリだけど、ラジオってことも驚いたわ」
「意外に面白いのよ!」

へたなテレビ番組よりもずっとおもしろい。
それに受験勉強しながらでは、テレビを見るわけにもいかない。

「正論のような何か違うような・・・」
「まぁ、まぁ、それはそれとして!」

そのラジオ番組の私書箱の数字を今でも使っている。

(No.404-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.141 | トップページ | [No.404-2]暗証番号 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.404-1]暗証番号:

« ホタル通信 No.141 | トップページ | [No.404-2]暗証番号 »