« [No.403-1]時は流れる | トップページ | ホタル通信 No.141 »

[No.403-2]時は流れる

No.403-2

「逆に転勤でブルーじゃないって、やっぱり大物よ、あなたは」
「そうかな・・・」

同僚もまた転勤で私の職場にやってきた。

「私なんか、どれだけブルーだったか・・・」
「そうなの?歓迎会のハシャギっぷりからは想像できないわね!」
「それは言わないの!」

会社勤めの宿命だ。
それは会社に入る前から、承知している。

「それにしても、そんなの単なる偶然よ」
「別に偶然があなたに合わせたわけじゃない」
「それは分ってるの」

ホームページも近所のカフェも物理的に姿を消した。
端的に言えば、無くなった。
でも、私の中ではそうではない。
無くなったと言うより・・・。

「なんだか役目を終えたように感じてしまうの」

自らの引き際が分っていたかのように・・・。
さしづめ、スポーツ選手の引退にも似ている気がする。

「ほんと・・・大袈裟というか・・・」
「まぁ、そこがあなたらしいけど」


新天地に着くなり早々、私好みのカフェが近所にオープンした。
それに、閉鎖されたホームページがリニューアルオープンした。

「そろそろ唯一、止まったままの時を動かさないと・・・ね!」

これから本気で恋をしようと思った。

(No.403完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.403-1]時は流れる | トップページ | ホタル通信 No.141 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.403-2]時は流れる:

« [No.403-1]時は流れる | トップページ | ホタル通信 No.141 »