« [No.402-1]前方後円墳 | トップページ | [No.403-1]時は流れる »

[No.402-2]前方後円墳

No.402-2

「“かぎ穴”って書いたの」
「・・・なるほど、まんまね」

逆に当時はそれ以外考えられなかった。

「それで恥をかいたとか?」
「ううん、恥は書いていない」

それを公表されたわけでない。
それに、そう答えたのは私だけではなかった。

「少しも、悲しい話には聞こえないけど?」
「ちゃんと答えていた人も結構居たのよ」

教科書には“前方後円墳”の記載はなかった。
授業中にもそんな言葉は出てこなかった。
もちろん、私の思い違いかもしれないが・・・。

「答えていた人ね・・・みんな塾に通っていたの」

その時、友だちとの間になんらかの距離を感じた。

「知らないうちに、みんな勉強してるんだなっ・・・てね」
「・・・そっか」

今、振り返ると既に競争社会がそこにあったように思える。
人より先に進む人、知らず知らずに置いて行かれる人・・・。

「でも、丸は貰えなかったけど、三角は付けてくれたのよ」
「今じゃ、そうはいかないけどね」
No402
(No.402完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.402-1]前方後円墳 | トップページ | [No.403-1]時は流れる »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.402-2]前方後円墳:

« [No.402-1]前方後円墳 | トップページ | [No.403-1]時は流れる »