« [No.401-1]水なす | トップページ | ホタル通信 No.140 »

[No.401-2]水なす

No.401-2

“すっぱいぶとう”かもしれないが、そう思うことにした。

水なすのことは最近知った。
たまたま別の用事で立ち寄った場所が、その名産地だった。
やたら水なすを強調した店先ののぼりが気になってはいた。

「でも後で聞いたんだよな、美味しいって」

結局、気になりながらもその場所を後にした。

「・・・で、何の気なしに聞いたら・・・」
「美味しいって?」
「それに“考えが変わるほどに”って言うもんだから」

居ても立っても居られず、その足で近くのデパートへ向かった。

「冷静なってみると近くのスーパーでも売ってたけどな」

その時は、そこそこ値が張り、やや特殊な存在と聞かされていた。
だから、確実に手に入れるため、デパートを選択した。

「結構、行動力あるのね!」
「まぁな、食に関しては」

実際、髪を切りに行くことすら、面倒に感じる自分だ。
ん?・・・髪・・・切る・・・!

「あっ!さっき、髪がすっきりしたことを問い掛けただろ?」
「ん?・・・そうよ」

なんだ・・・ちゃんと耳に入っているじゃないか。

「じゃあ、どうして“水なす食べたい”になるんだよ」
「だって、水なすっぽかったんだもん!髪型を含め」

(No.401完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.401-1]水なす | トップページ | ホタル通信 No.140 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.401-2]水なす:

« [No.401-1]水なす | トップページ | ホタル通信 No.140 »