« [No.407-2]旅の終わり | トップページ | [No.408-1]黄色い電車 »

ホタル通信 No.143

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.56 エンドロール
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

実話度は高いのですが話をまとめられずに、苦労したことを
今でも覚えている作品です。

この話、2つの実話をやや強引に組み合わせた作品であり、
概ね前半と後半でそれぞれひとつの話になっています。
本来は前半の話を主軸として最後まで展開するつもりだった
のですが、後半の話を組み合わせたら、上手くラストを飾るこ
とができるかもと当時は思っていました。
ところが、結果的にこんな出来栄えになっています。何と言い
ましょうか・・・“散らかった”感が満載です。

前半の話、恥ずかしながらほぼ事実なんですよね。
結局、何がしたかったんでしょうね、私って・・・。彼に、良くも
悪くもキズを付けたかったのかもしれません。
それと、ポインセチアに付けた手紙の内容、今でも何となくで
すが覚えています。ただ、手紙と言っても一行程度の非常に
短い内容でした。

後半は友人との会話に関しては創作です。それ以外の映画
やエンドロールにまつわる部分が事実なんです。
たまに演出としてありますよね?エンドロールが終わったあと
に、次回作への布石や何年後かのシーンが流れたり・・・。
そんな経験から、今でも映画を見るときにはエンドロールまで
しっかり見て、それ以上何もないことを確認してから劇場を後
にします

最後にこの流れを受けて、もう一言だけ付け加えますね。
エンドロール・・・これが流れている時が映画って一番楽しい
ってご存知でしたか?エンドロールこそ、映画の最大の見せ
場なんですよ。

web拍手 by FC2

|

« [No.407-2]旅の終わり | トップページ | [No.408-1]黄色い電車 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.143:

« [No.407-2]旅の終わり | トップページ | [No.408-1]黄色い電車 »