« [No.405-2]御堂筋線 | トップページ | [No.406-1]自分磨き »

ホタル通信 No.142

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.175 ポストの前で
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度の通り、ほぼ100%創作なのですが、なぜこのような
話が生まれたのか、不思議に思うことがあります。

ほぼ100%とは言え、何らかのきっかけがなければ、話が生
まれないのも当ブログの特徴です
決して「このような話を作ろう」から生まれるのではなく、例え
、ごく小さな出来事であったとしても、現実に経験したものか
らしか創作はしません。
今回はそれが郵便ポストであり、ポストに手紙を入れる小学
生でした。

冒頭に記載しましたが、今回のポストがなぜこのような話に
展開したか、自分で言うのも何ですが不思議です。
現実にありそうな話でもあり、なさそうな話でもあり・・・ただ
話としては“でき過ぎ”感は否めません。都合良く手紙の相
手が、それも早期に判明したりしていますからね。
超短編なので多少、時間を飛び越して、話を展開させてはい
るものの、ちょっと狙い過ぎです

なぜこのような話にしたのか、不思議だとは思いながらも意
図したものが無かったというわけではありません。
シチュエーション的に小学生、それも低学年の女の子がポス
トに手紙を入れようとしている。もちろん、両親に頼まれたの
かもしれませんが、その時はそうは考えませんでした。
そこに根拠はありませんが、とにかくその時は友人に宛てた
手紙である・・・私にはそう見えたのです。

内容はほぼ創作ですから、読んで頂いた通りの内容です。
ただ、ラストがイマイチで、何とも締りがない終わり方になって
います
言うなれば、謎めいた話でもあるため、その謎を解き明かすよ
うにラストへ向かいますから、こんな感じになってしまった・・・
と、振り返ればそう思っています。

web拍手 by FC2

|

« [No.405-2]御堂筋線 | トップページ | [No.406-1]自分磨き »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.142:

« [No.405-2]御堂筋線 | トップページ | [No.406-1]自分磨き »