« [No.403-2]時は流れる | トップページ | [No.404-1]暗証番号 »

ホタル通信 No.141

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.144 彼の傷
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

最初にネタばれさせておきましょう。小説上では女性が男
性を傷付けたようになっていますが、現実はその逆です。

それでは、もう少し話を進めて行きましょう
前述通り、男性が女性を傷付けてしまったことは事実です。
ただ、作者がどちらであるかはいつも通り、秘密とさせてく
ださいね。
また、ちょっとややこしいですが、小説上の男女を入れ替え
て読み直して頂けませんか?同じ話であっても、感じ方が
変わってくると思います。
例えば、後半冒頭を女性に置き換え、2行目まで続けると
次のようになります。

 「知っての通り、私の人生はお世辞にも幸せじゃない」
 「子供心に、随分傷付いたしね」

“僕”が“私”に替わっただけですが、これである事実が浮
かび上がってきます。つまり、この“私”という女性は当ブ
ログで度々登場する“ある人”に他なりません。
もちろん、“ある人”は他人かもしれませんし、作者そのも
のかもしれません。

小説の内容が特にグロテスクということもなく、どちらかと
言えば淡々と話が進んで行きます
ただ、表面的にはそうであっても、事実はこんな程度では
済まないため、例え、それを知らない方々に公表するので
あっても、少しためらいがありました。
そこで、性別を入れ替え、第三者的な立場でそれらを描い
て行こうと考えた次第です。

彼の傷・・・ではなく、“彼女の傷”が正解ですよね。
その傷は目に見えないものもあれば、目に見えるものもあ
る。それに浅い傷もあれば、深い傷もある。
その傷が癒えることはなかったけど、一緒に泣いたり、怒っ
たり、笑ったり・・・少しでも同じ時間を共有することで、何ら
かの答えを見出そうとしていました。
全体的に冬のホタルらしい重いムードでラストを迎えようと
していたので、ラストは少しコミカルにしてみました。No144

web拍手 by FC2

|

« [No.403-2]時は流れる | トップページ | [No.404-1]暗証番号 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.141:

« [No.403-2]時は流れる | トップページ | [No.404-1]暗証番号 »