« [No.399-2]幼い恋 | トップページ | [No.400-1]あなたと繋がる場所 »

ホタル通信 No.139

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.134 ハイブリッドな・・・
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この話も最近、私が頻繁に使っている“商業的な小説”の部
類に入るのかもしれません。

実話度は前半が概ね事実であり、後半は全て創作です。た
だ、前半は実際のエピソードではなく、当時の心境を具現化
させたものです。
さて、No.134ともなると、もはや初期の作品とは言えず初期
に見られた作り込みの甘さはややましになっています。でも
その一方で心境の“グロテスク度”もやや陰を潜めてしまい、
物足りなさもあります。
つまり、この物足りなさが“商業的な小説”と私は自分の作
品に対して、そう呼ぶことにしています

では内容に触れて行きますね。
前半を極端に言えば、目標を失い路頭に迷う私・・・そして
その私を動かしてくれる原動力を求め・・・が後半です。
読んで頂ければ分るように、前半はやや重く、後半は逆に
かなり軽いノリです。
タイトルでもあり、オチに相当する部分にも“ハイブリッド”と
いう言葉を使っていますが、これは話を書き進めている途中
で思い付き、アイデアとして盛り込みました。
原動力、燃料とキーワードが繋がった後にハイブリットの考
えが浮かび、燃料からは人の燃料である、食べ物へもキー
ワードが繋がりました。

手前味噌で恐縮ですが、この小説は文字にして読むよりも
映像として小芝居を見た方が様になるのかもしれません。
作者が言うのも変ですが、何だか楽しそうですNo139

web拍手 by FC2

|

« [No.399-2]幼い恋 | トップページ | [No.400-1]あなたと繋がる場所 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.139:

« [No.399-2]幼い恋 | トップページ | [No.400-1]あなたと繋がる場所 »